データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品

ピン G ドライバー。お買い得品vs最新人気モデルのエピックドライバー、4機種まとめ打ちで見えたものは・・・試打してレビュー。

試打クラブについて:
日本で、夜の7時以降にスーパーマーケットで、お刺身なんかが半額になるとか。本ブログを書いているカナダでよくあるのが、昨日焼いたパンが、翌日半額とか、古い果物や野菜がまとめてお買い得になってるとか。パンならトーストしたり、フレンチトーストしたり、野菜だっていたんでるところは切り取ればいいし、ちょっとぐらいカビ生えてても、安くてお得なら、個人的には全く問題なーし。(ちなみに歯磨き粉もグルグル巻にして指がうっ血するほど圧迫して使い切り。更にチューブをハサミで半分に切って、しぶとく内側にのこっている歯磨き粉を歯ブラシに直接つけて使い続け。)
Day_Old_Bread.jpg 

そんなド経済的な僕がゴルフショップで一番気になるセールが、モデル切替時期のセール。中古クラブのセールと違ってちゃんと新品だし、性能未知数の新モデルよりも、発売から時間が経過したモデルは、沢山の試打レビューや販売実績などで、良し悪しがしっかりと確立されているから大失敗はしない。


しかし現実では、新製品が発売される度に、新コンセプトや革新技術が、魅力的な広告に姿を変えて、僕の両肩をがっちり掴んで、前後に激しく揺さぶりながら「これでスコアが縮まるんだぞ」と、僕のとっても弱い心をさらにフニャフニャにする。思わず「おーそーかー、スコアはお金で買うのか・・・」
否、待て。例えば最近なら”エピックドライバーvsM2ドライバー”のような新製品同士の比較やレビューばかりで、最新モデルありき。でも7時過ぎのお買い得品vs作りたて最新人気モデルを実際に試してないじゃないか。


今回テーマのピンGドライバー、既にUSオープンで後継機が目撃され始めている・・・ということは、ロングセラーのGドライバーがお買得になる7時が近いぞ。
Ping_G400.jpg 
既にエピックドライバーは試打したけど、改めて、お買い得品vs最新人気モデルを、同じ日に一気に打ち比べて、ちゃんとデータをとって、しっかりと見極めなくちゃ。



スペック:
ヘッド:
ピン G ドライバー
9度
Ping_G_Driver.jpg 

ピン G LS Tec ドライバー
9度
Ping_G_LST.jpg 

キャロウェイ GBB エピックドライバー
10.5度
GBB_Epic_Driver.jpg 

キャロウェイ GBB エピックサブゼロドライバー
10.5度
GBB_Epic_Subzero.jpg 


シャフト:
ピンドライバー用
ピン ツアー 65
フレックス S
Ping_Tour_65.jpg 

キャロウェイドライバー用
アルディラ ローグ マックス 65
フレックス S
Rouge_MAX_65S.jpg 


ボール:
今回もスリクソン Z-Star XV 2016年モデル
Srixson_ZStar_2016.jpg  


いつものようにクラブ詳細は割愛。
でも一つだけ特質紹介。Gドライバーの特徴は、何と言ってもクラウンにあるトンボの羽根からヒントを得たという空力性能アップのタービュレーター。好みが分かれそうだけど、メカっぽくて、ちょっとカックイイ。
Ping_Turbulator.jpg 



データ:
Data_G_Epic.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)



データ補足:
ーG LS Tecは、上級者好みの、とにかく左に行かない弾道。
ー試打時に、G LS Tecの方が、Gドライバーよりも、かなり飛んてるイメージだったけど、結果的にほぼ同じ飛距離。それどころか、G LSの”LS”は、Low Spinの頭文字のはずだけど、G LS Tecの方が、Gよりもバックスピン量が多い・・・僕の技術不足?
ー対してエピックドライバーは、サブゼロが”ちゃんと”低スピンという結果。
ーピンドライバーの最長キャリーは、G LS Tecの249ヤード、最長トータル飛距離も、G LS Tecの275ヤード。キャロウェイドライバーの最長キャリーは、サブゼロの260ヤード、最長トータル飛距離も、サブゼロの287ヤード。凄すぎる~、さすが最新超人気機種、まいりました。


テスト時の感覚:
ー今回試打したGドライバーのピンオリジナルシャフトは、北米では「Gドライバー with ツアーシャフト」として販売されており、「ツアーシャフト」ではない通常モデルよりもC$40ほど高い。通常シャフトもピンだが「アルタ55」という「ツアーシャフト」よりも軽量でトルクも低いモデル。これも数球試打したが、しっかり打感のヘッドに対して、シャフト剛性に頼りなさを感じた。

ピン アルタ55(色はカッチョイイ、これを選ぶならフレックスXか?)
Ping_Alta_55.jpg 

エピックに比較して、エピックサブゼロは確かに一発の飛びはある(今回サブゼロでシュミレーター飛距離自己新達成!)が、反面、ミスに非常にシビア。マメの上にマメができるまで反復練習必須。



今週のコンペに持っていくなら:
うっかり7時を過ぎたのに気づかなかったらしく、Gドライバーのセール、もう始まってます。Gドライバー(ツアーシャフト付きモデル)定価C$589.99が 、赤札 $100引きの、 $489.99。対して新鮮超人気商品のエピックドライバーはC$659.99。その差C$170、う~ん。
Gドライバーは飛距離に加えて、左右への安定感あり。実際のコースなら、このクラブへの信頼感で、よりしっかり振り抜けるので、結果的にエピックドライバーよりも飛ぶかも。早い者勝ちですよー。



試打後記:
Gドライバー、ヘッドスピード速っ!G30発売当初から話題になっていた、タービュレーター。メーカーの宣伝でも、あちこちの試打やレビューでも、ヘッド周りの空気を整流してヘッドスピードがアップすると書いてあった。しかし正直なところ、「・・・んなわけないじゃん。宣伝ゴクロウサマ~」と完璧に無視してた。Gドライバーは以前に試打して飛ぶなとは思ったけれど、ちゃんとデータをとって比較、分析したのは今回が初めて。
ヘッドスピードには無頓着だったし、前述のようにタービュレーターは完無視していたので、今回シュミレーターのデータを見て驚愕。それでも「・・・んなわけない」と思いながら、意地になってエピックドライバーと交互に打ち比べなどもしたが、いや、ホントにGドライバーのヘッドスピードは速い。タービュレーターちゃんと効いてます。G30, Gドライバーとタービュレーターを受け継いでいるのには、ちゃんと技術的な裏付けがあるのね。

ヘッドスピード平均速度で4m/sの差があるにもかかわらず、エピックドライバーの飛距離はGドライバーよりも明らかに上。ググるとトップに出てくるヘッドスピードと飛距離の関係、ヘッドスピードx5.55=飛距離の計算式を当てはめると・・・
Gドライバー LS Tec:理論値47.2x5.55=261.96ヤード > 今回の試打値246
エピックドライバーサブゼロ:理論値45.2 x5.55=250.86 < 今回の試打値253
・・・つまり、ジェイルブレイクテクノロジーも、ちゃんとカナリ効いています。

ということは、Gドライバーが持つ弾き性能は、あまり高くないということ?これがもしエピックドライバー並の弾き性能を得ると、47.2x(253/45.2)=264.19ヤード!わ~い、これならまた飛距離新記録更新だ。新GドライバーのG400の写真をもっかい、よく見ると、あるあるちゃんとタービュレーター!僕でも気になるくらいだから、メーカーも、G400ではしっかりと弾き性能をアップさせてくるはずだ。こ、これは、G400を試さなくは・・・ゴルファーの欲はとどまるところを知らない。



気になったら価格チェック:
エピックドライバー+タービュレーターは、たぶん出てこないので、お買得で安定感のあるGドライバー買っとこ。

【ピン公認フィッター対応 ポイント10倍】ピン G ドライバー G SFTecG LSTecメーカー純正シャフトALTA J50 シャフトTour65シャフト 【日本仕様】(左用・レフティーあり)




スポンサーリンク

キャロウエイ エイペックスCF vs エイペックスプロ アイアン。1位に選ばれるにはトガッた理由があった・・・試打してレビュー。

試打クラブについて
日本同様に北米にも様々なゴルフ関連ウエッブサイトがあるが、Golf WRXはその最大手の一つ。この記事を書いている6月12日のトップページは、「USオープンでマキロイはテーラーメイド スパイダーパターを使用するか?」、「ピン G400ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、クロスオーバー」、「スカイトラック ゴルフシミュレーター」、「トゥルーテンパー DG115シャフト」・・・など、ゴルフ用品好きとしては、職場にいても、人目を盗んでそっとクリックしたくなる魅惑的なものばかり(気になる方は、こちら。但し仕事中の方は見つからないよーに。)


このサイトの5月26日の記事(こちら)が、「メンバーが選ぶ、ベスト ゲームインプルーブメントアイアン」あった。最近北米でよく使われるこの”ゲームインプルーブメントアイアン”というカテゴリー、「スコアを縮めるお助けアイアン」って感じで、レベル的には、基本をマスターした中級、中上級者が、より飛距離を伸ばせて、パーオン率を高めることを期待できるアイアン。もう少し具体的にはポケキャビなんかがこのカテゴリー。もう少しスコアを伸ばしたい!と貪欲に願ってるアマチュアゴルファーが気にかけるボリュームゾーン。


で、この記事で選ばれたのが・・・
1位キャロウェイ エイペックスCFアイアン(19.45%)
Calloway_Apex_CF.jpg 

2位ミズノJPX-900フォージドアイアン(18.84%)
ブログ記事はこちら (以前に試打したのは”フォージド”ではなく、”ツアー”のみ)
JPX900_Forged.jpg 

3位ピンi200アイアン(17.84%)
ブログ記事はこちら
Ping_i200.jpg 

4位スリクソンZ565アイアン(15.62%)
ブログ記事はこちら
Z565.jpg 


・・・1位に選ばれているキャロウエイ CFエイペックスアイアンだけ試打してない!2,3,4位の順位は僕も同感。2位のミズノは相当印象よかったぞ、エイペックスはホントにその上をいくのか?更に上級者向けのエイペックスプロアイアンと合わせて試打して比較だ~。



スペック: 
クラブ:キャロウェイ エイペックス CFアイアン 
7番
Calloway_Apex_CF.jpg 

クラブ:キャロウェイ エイペックス プロアイアン 
7番
Calloway_Apex_Pro.jpg 


シャフト:トゥルーテンパー プロジェクトX 6.0
ProjectX_Iron.jpg 


クラブヘッド比較
やっぱりプロアイアンの方が、ヘッドが小さめで薄め
左エイペックスプロアイアン、右エイペックスCFアイアン
Apex_CF_Pro.jpg 

左エイペックスプロアイアン、右エイペックスCFアイアン
Apex_CF_Pro_02.jpg

エイペックスプロだけに”Forged"と書いてあるが、プロもCFもどっちもフォージドアイアン。
CFアイアンは、キャロウェイ初の360°カップフェース+フォージドだそうな。
またプロアイアンは、6番~PWに小さな穴を設けて重心調整、3番~5番はその穴にタングステンを埋め込んで低重心設計にしているらしい。

プロモーションビデオ
エイペックスCFアイアン (日本語字幕)

エイペックスプロアイアン (日本語字幕付き)


ボール:
スリクソン Z-Star XV 2016年モデル
Srixson_ZStar_2016.jpg  



データ:
Data_Apex_Iron.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)



データ補足:
ー予想通り、プロアイアンはよりミスにシビア、CFアイアンはより飛ぶ。プロアイアンの7番のロフトは、34°、対してCFアイアンの7番のロフトは、31°とほぼ1番手分違う。平均飛距離も、データの通り、当然一番手分は違ってる。でもロフトが立っていることを全く感じさせない打ちやすさ。
ー最長キャリーは、CFアイアンの179ヤード、最長トータル飛距離も、CFアイアンの196ヤード。うひゃ~、まだ7番だぞ・・・。
ープロアイアンのデータの揃い方がスゴい。スピン量、高さ、キャリー、トータル飛距離・・・どれも、同じような数字が並んだ。



テスト時の感覚:
ープロアイアンの打感の良さにちょっと感動。フォージドとは言え、アメリカンな大味ビッグマックバーガー風味を予想していたが、これはアメリカンでも、ケンタッキーバーボン並の繊細な風味ある打感(あくまでも個人の感覚です・・・)。
ーカップフェースのCFアイアンもまた、フォージド風味が良く効いている・・・いいわ、これ。



今週のコンペに持っていくなら:
改めて、Golf WRXの投票結果は、以下の通り。
1位キャロウェイ エイペックスCFアイアン
2位ミズノJPX-900フォージドアイアン
3位ピンi200アイアン
4位スリクソンZ565アイアン
この4機種なら、このまんまの順位で、僕の「コンペに持っていきたい順」と一緒。但し、エイペックスCFアイアンを1位にする理由は、何と言っても、その圧倒的な飛距離。人よりも小さな番手で軽く打って、同じ組の奴らをビビらす(でも競技中にクラブ番手のことを話すとルール違反だから、気をつけましょう)。
プロアイアンとCFアイアンの比較では、やはり感動の打感を持つプロアイアンを使いたい。7番の平均キャリー160ヤードは、十二分に飛んでるし。それに試打でのデータの揃い方で、非常に実戦向きなクラブとも言えるし。




試打後記:
同じGolf WRXで、5月5日の特集記事は、「メンバーが選ぶ ベスト プレーヤーズアイアン」だった。プレーヤーズアイアンは、カテゴリー的には競技者(プレーヤー)向けのアイアン(記事はこちら)。ランキングは・・・
1位ミズノJPX-900ツアーアイアン(14.76%)
2位スリクソンZ765(11.32%)
3位タイトリストAP2アイアン(10.95%)
4位ピンiブレード(9.14%)
5位キャロウエイエイペックスプロ16アイアン(9.07%)

もう一発ついでに「メンバーが選ぶ ベスト ドライバー」(記事は、こちら)はどうだ。
1位キャロウェイGBBエピックサブゼロドライバー(16.91%)
2位キャロウェイGBBエピックドライバー(14.91%)
3位テーラーメイドM2ドライバー(11.86%)
4位テーラーメイドM1 460ドライバー(11.81%)
5位タイトリスト917D2ドライバー(6.65%)

ふ~、今回は数字がいっぱいだ。あ、タイトリストのアイアンもドライバーもデータ取ってないという事に気付いた・・・ポッカリ抜け落ちてる。早速試打して、Golf WRXの記事を確認しなくちゃー。



気になったら価格チェック:



スポンサーリンク


最新記事

ピン G ドライバー。お買い得品vs最新人気モデルのエピックドライバー、4機種まとめ打ちで見えたものは・・・試打してレビュー。 Jun 20, 2017
キャロウエイ エイペックスCF vs エイペックスプロ アイアン。1位に選ばれるにはトガッた理由があった・・・試打してレビュー。 Jun 12, 2017
クリーブランド RTX-3.0 ウエッジ。ボーケイSM5とのスピン量ガチンコ勝負に、差別社会を垣間見た・・・試打してレビュー Jun 07, 2017
光速買いしてしまったハザーダスシャフト。ゴルフ部大学生2人に貸したら・・・とにかく試打してレビュー May 31, 2017
スリクソン Z965 Z765 Z565 Z355 アイアン。キャビ、ポケ、ハーフ、マッスル、ブレード・・・良くわからないから、纏めて試打してレビュー May 27, 2017

スポンサーリンク

RSSとFacebookリンク

 follow us in feedly 

気になるゴルフの話題はFacebookで

プロフィールと、このブログについて

USテス太

Author:USテス太
月イチプレイのアマチュアゴルファー
右利き 平均スコア90前後

データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品
日本ではレビューされにくい非正規品や、最新ゴルフ用品を試打してレビュー。
感想や紹介よりも、データや数値を中心に、北米からからレポートします。

QRコード

QR

スポンサーリンク

楽天 総合売れ筋商品






スポンサーリンク

全記事表示リンク