データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品

ピン G400 Max ドライバー。G-Maxの呼称、カッチョイイけど、どっかで聞いたぞ・・・悩みながら、F8+と一緒に、試打してレビュー。

g400-max_driver_sole_708x708.jpg 


試打クラブについて:
外国に住んで、もう長いけど(本ブログはカナダから発信中!)、外人(・・・っていうか、ここでは僕が外人じゃん)のニックネームって、カッチョよくて、いまだに憧れ。。ニックネームって、いわゆる友達がつけてくれるあだ名とは違って、長い本名があって、呼びやすいように決まっているのもがほとんど。ネットの拾い物だけど・・・
Nick_Name.jpg 
これ以外に、周りにいる人で考えると、Benjamin が"Ben"でしょ、Danielle が"Danny"だし、Maxamillionが"Max"、Jessicaが"Jess"だったり。
こんなニックネーム以外にも、JJとかDJとかイニシャルを呼び名にするのもカッチョイイよなー。こっちにいた日本人「隆夫」君は、自分のことを、「TKって呼んでねって」言ってたっけ(・・・うーん、気持ちはわかる・・・)。個人的には、"April"ちゃんとか、"May"ちゃんとか、"June"ちゃんとか、生まれ月系のニックネームもグッとくるぜ(しかし、カマキリ夫人にはグッとはこない)。

ゴルフ選手でも、ダスティン・ジョンソンは"DJ"って呼ばれるし、グレーム・マクドウェルは"G-Mac"。そーいうーかっちょいい英語ニックネームが欲しい。

で、ようやく今回試打するクラブだけど、ピン G400 Max ドライバー。G-Maxって呼ばれて、もうその呼称だけで、外国っぽいニックネームに憧れ続ける日本人の琴線にビンビン響く。先行発売されてたG400ドライバー(記事はこちら)の徹底した直線番長ぶりには、感動を覚えたけど、それが460ccに体積アップして、ぶっ飛びも得たかどうか、データをとって確認だー(ひっさしぶりだなー)! ついでに以前に試打してとっても好印象だったコブラ F8+ ドライバー(記事はこちら)をもっかい打って比較しちゃおー。



スペック: 
クラブ①:ピン G400 Max ドライバー
9.0度
g400-max_driver_sole_708x708.jpg 


シャフト①:ピン ツアー 65
フレックス S
IMG_20180409_201523297_LL.jpg 

IMG_20180409_201528110_LL.jpg 
ロゴ、カッチョイイー。


クラブ②:コブラ F8+ ドライバー
9.0度
Cobra_F8Plus_02.jpg 


シャフト②:プロジェクトX ハザーダス 75 ♡好き♡
フレックス S
IMG_20180409_201448675.jpg 

IMG_20180409_201455538.jpg 


ボール:スリクソン Zスター XV 2017年モデル
Srixon_ZStar_XV_2017.jpg 



北米のピン社でウエッブ上で紹介されている特徴は5つ。
1 でかヘッド
g400-max_driver_address-illus_400x227.jpg 
言わずと知れた460ccへ増量中!。

2 心地よい打球音
g400-max_driver_rib-illus_400x227.jpg 
音を表現する線が昭和、浅草、エノケン、ロッパ。

3 MOIの最大化
g400-max_driver_moi-illus_400x227.jpg3 
MOIが9,900なんだとか。他にはMOIを数字で見ないからよくわからないが、スゲーらしい。

4 フォージドフェース
g400-max_driver_face_400x227.jpg 
超薄T9S+フォージドフェース。

5 優れた空力性
g400-max_driver_toe_400x227.jpg 
英語ではspeed-inducingシェイプって呼んでる。単に空気抵抗を少なくするのではなく、スピードを誘発する形状ってことかな。



データ:
Data_G400Max_F8Plus.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


=====================
ゴルフがないと仕事にやる気がでなーい。音楽がないと生活に彩りがなーい。
・・・結局、寝ても覚めても趣味ばかり。時間ができたら仕事しよっ。
=====================


データ補足:
ー久々のシミュレーター使用もあって、ちっと緊張気味でヘッドスピード遅め。それにしても、G400Maxには、ぶっ飛び期待バーを思いっきり上にして試打に臨んだ分、ちょっと物足りなさあり。
ーやっぱし、コブラF8+ドライバー、左右も飛距離も安定感あって、打っていて安心。
G400Maxは上がらないっていう感覚は全くなかったけど、数字で確認すると最高到達点低いな。
G400Maxの最長キャリーは、233ヤード。ランを含めた最長トータル飛距離は、261ヤード。F8+の最長キャリーは、236ヤード。ランを含めた最長トータル飛距離は、258ヤード。球筋が低い分、G400Maxのほうが良く転がる。



テスト時の感覚:
ーヘッドが大きくなって、飛距離アップ!を期待してたけど、G400とあんまり変わらないかなー。430ccモデルにあった、直線番長が、直線切り込み隊長ぐらいになってるのも気になる。
ー特徴のひとつに挙げられてた音もジミな感じ。
ーG400Maxを構えてみると、こんな感じ。
IMG_20180409_201153059_LL.jpg 
ーちなみにF8+は、こんな。
IMG_20180409_201014818_LL.jpg 
ー並べると、こんな。どっちもでっかい。
IMG_20180409_201424436.jpg 



今週のコンペに持っていくなら:
練習場のままの調子で、コースで回れたら、簡単に70台が出る・・・って思うのは、僕だけじゃないはず。同様にシミュレーター通りには、実際のコースでは打てない(;_;)。以前に試打したG400の直進性データは確かだけど、アマチュアど真ん中の僕が、小さいヘッドのドライバーをコースで構えた時に、どー感じるのかは、ちょっと不安。G400Maxの方が、アマチュアのスコアアップには現実的なのかもしれない。
それにしてもオマケで一緒に打ったコブラ F8+ ドライバーの安心感は他には代えがたいものあり。決して好みの形、顔じゃないのに・・・相性がいいのかしら?



試打後記:
ちょっと前にアディダスの冬用シューズ買っちゃったけど(記事はこちらの文末)、今回、試打した後に、型落ちセールしてたプーマシューズを買ってしまった。
IMG_20180326_233106452.jpg 
すでにコースで使ったけど、以前に持っていたプーマシューズよりも、全体に柔らかさが増して、歩きやすさが向上してる(前のモデルでは、慣れるまでに靴擦れに苦しんだ)けど、安定感は相変わらずスーパーグッド。
それにしても、なんでプーマのグリグリダイヤルは「イグナイトディスク」で、他社みたいに「BOA」って呼ばないんだろ?ロックを外して緩めるときに、BOAみたいに引っ張るんじゃなくて、反対回しにする仕組みだからかなー?


気になったら 価格チェック:
でかヘッド好きフェチには、たまらないでかさ。G400よりも左右に打ち分けできる。

●PING/ピン G400 MAX ドライバー[日本仕様モデル]

価格:54,432円
(2018/5/19 15:46時点)
感想(0件)

 


PS:
僕の母方の苗字は「大島」。叔父は若い頃にノンプロ(って最近聞かないな、死語か?)で野球やっていて、引退後は審判をやってた。ある時、アメリカで大リーグ審判団との研修会があって、名前を聞かれて、大島だから、"Big Island!"とベタに答えたらしい。アメリカ人に意味は解らなかっただろうけど、叔父はやったら背が高かったから、何となく通じたらしく、以後アメリカでは"Big-I"って呼ばれたとか。なーんか、カッチョイイ。さっすが、外人ったらニックネームつけるのにセンスあるよなぁ。



PS2:
それにしても、G-Maxって、なーんか、どっかで聞き覚えあるんだけどなぁ・・・と悩み続けて、漸く気付いた。
Jumbo_Max.jpg 
・・・でも、ジャンボはJから始まるじゃん・・・。



スポンサーリンク

ミズノ ST180 ドライバー。ドライバーの向こう側に、荒城の夜半の月が見えた・・・気がする、試打してレビュー。

Mizuno_ST180_02.jpg 


試打クラブについて:
インターネット時代になって、海外でも、日本国内でも、ここカナダでも(本ブログはカナダから発信中!)情報も物流もすっかり平準化されて、海外での苦労とか、日本への懐かしさや、外国への憧れもすっかりなくちゃっちゃった。日本に住んでた時は、ソニプラとかで、派手なパッケージの外国製シャンプー買って、ベストヒットUSAで海外アーティストのビデオ見て、チャーリーズエンジェルで、みんなが一斉に会話するスピーカーフォンに憧れて・・・。また海外に来た当初は、インターネットもなく、週に3回だけ纏めて放映される日本のニュース(Newsといえるのか?)が待ち遠しかったなぁ。海外の大手商社オフィスには、日本の本をかき集めたミニ図書館までもがあった時代。みんな日本文化に渇望してたのね。なのに、いつの間にか、こうしてカナダから日本語ブログ書いてるんだから、時代は巡ってるんだなー。


ゴルフ業界に限らず、どのブランドも、同じ商品を、世界のどこの国でも、ほぼ同時に販売する平準化マーケティングトレンドにあって、どーいうーつもりか、世界のミズノは、スペックだけではなく、販売するクラブそのものが、日本と海外で違ってるの場合が散見される。好調のジャスティン・トーマスが使ってることで、最近もまた話題になっていたミズノJPX900ツアーアイアン(記事はこちら)なんかは、日本で発売しないのが不思議。


最近の日本のゴルフ雑誌で、ミズノGXドライバーっていうのが、2018年モデルとして、発売予定になってたから、こっちでも発売されるのを心待ちにしてた。テーラーメイドMシリーズに現を抜かしてた時に、いつものショップ店員から、「そういえば、ミズノドライバー入荷したぜ」と聞かされたから、「ずえったいに、うーたーせーろー!」となったのは当然。


日本で沢山レビューや記事があるミズノドライバーを、日本人向けのブログに載せても意味ないけど、きわめて個人的な興味本位で、飛ぶっていう噂&宣伝広告のミズノドライバー試打いきまーす!
IMG_20180302_205353802.jpg 
・・・って、これGXドライバーと見た目全然違うじゃん。「洗濯板で飛ばせ!?」。海外専用モデルなのか~、ミズノST180ドライバー?ほんじゃしっかりデータ取らなくちゃ。



スペック: 
クラブ:ミズノ ST180 ドライバー
9.5度
Mizuno_ST180_01.jpg 



シャフト:三菱ケミカル テンセイ CKブルー 60
フレックス S
Shaft_Tensei_01.jpg 

Shaft_Tensei_02.jpg 


ボール:スリクソン Zスター XV 2017年モデル
Srixon_ZStar_XV_2017.jpg 


前回試打したテーラーメイドM3ドライバーも、この三菱ケミカルテンセイシャフトが標準品で、最近打ってるシャフトの中ではイチバンのお気に入り。ちなみに重量は67g。
 


データ:
Data_Mizuno_ST180.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


=====================
ゴルフがないと仕事にやる気がでなーい。音楽がないと生活に彩りがなーい。
・・・結局、寝ても覚めても趣味ばかり。時間ができたら仕事しよっ。
=====================


データ補足:
ー少々お疲れ気味で、ヘッドスピード上がってないけど、普通にキャリーで230ヤード。最後に試打したミズノドライバーは、えっとー、昨年5月のJPX900ドライバー(記事はこちら)。キャリーは前回と同じぐらい。
ーそれにしても、何度打ってもスライス回転。横ブレ方向も当然センターから右ばかり。最近こんなドライバーないぞー。
ー最長キャリーは、232ヤード。ランを含めた最長トータル飛距離は、255ヤード。



テスト時の感覚:
ー久々に味わう「うっわー、まったくつかまらねぇー・・・」感覚。最近は、アスリート向けドライバーでも、右に行かず簡単に捕まえられるようになっているのとは対照的に、イジメまたは時代錯誤みたいに徹底的につかまらん。ひっかけ癖の僕でも、捕まえ方がわからん。
ーシャフトは、テーラーメイドM3ドライバー(記事はこちら)で試打して、結構お気に入りの三菱ケミカル テンセイ CKブルー 60だから、シャフトがべらぼうに硬いということもなし。

ー構えてみると、こんな感じ。ブルーメタリックが、スポーツカーっぽくて、カッチョイイ。
IMG_20180302_205338927.jpg 

ー先に打ってたM3ドライバーヘッドとの比較。エイリアンの頭っぽく後ろがデカい。
IMG_20180302_205440193.jpg

ー各社反発係数内で最大限のたわみとパワーを得るために工夫があるけど、見た目は「スピードポケット」がいっぱい。(やっぱりジャバラ式のスポイトか、洗濯板にしか見えない・・・)
Mizuno_ST180_04.jpg 

ーフェースはフツー。
Mizuno_ST180_03.jpg 


ーついでにクラブのプロモビデオ。
 

(しつこいようだが、洗剤つけたら、ゴルフグローブ洗うには丁度よさげ)




今週のコンペに持っていくなら:
ミズノドライバーを試打する機会はあまりないけど、数少ないミズノドライバー体験から持っているイメージは、「アマチュアゴルファーに優しく、素直にまっすぐ」。それが、今回のST180ドライバーは、リミッターぶっちぎりの、超プロ志向の何が何でも左だけには絶対に行かない設計。少し時間をかけて、じっくり使いこなすことができれば、左が怖くなくなるから、きっと武器にはなるんだろーけど。またフェード打ちをイメージしているゴルファーには、ちょうどいいのかもしれない。
アイアンでは、玄人好みっていうポジションをしっかり確立したミズノだから、ドライバーでも同じカテゴリー狙いで、いきなり捕まりリミッターをぶっ壊してきたのかな?一体どんだけのスピードで振りぬければ使いこなせるんだろーか?



試打後記:
・・・で、回答は簡単に見つかっちゃった。
試打前には、ショップ店員のコメントはできるだけ聞かないようにしてるけど、「ミズノドライバー入荷したぜ」の次に、間髪を置かず「すっげー飛ぶぜ」のコメント。最近、ぶっ飛びドライバーを立て続けに試打してたこともあり、期待値マックス1000%で臨んだ結果が、捕まらなさボロボロ2000%で、荒城上に昇った月まで見えたような虚しさと敗北感。
試打後に、ショップ店員に、全く打てない話をすると、「おっかしーなー、俺はMシリーズよりも飛んだのに・・・」と不思議そうに首をひねる店員。不思議はこっちなんですけど。で、論より証拠で、店員に一発撃ってもらうことに。バキューーーーーーンと、鈍い打球音を残して、いきなり300ヤード超キャリーのストレートボール!やつのヘッドスピードと来たら、55m/s。オマエのコメントなどサンコーにならーん。今回のミズノST180ドライバー、やっぱりこーいうー人たち向けなのね。



気になったら 価格チェック:
一般庶民には持ち上げることもできない金棒も、鬼が持ったら立派な武器。鬼ヘッドスピードを持つ貴方には、金棒以上の効果あるし、他のゴルファーから一目置かれること間違いなし。

【日本未発売】【USA直輸入モデル】【送料無料】【ドライバー】ミズノ MIZUNO 2017 ST180 ドライバー [MITSUBISHI TENSEI CK BLUE 60(FLEX:S)装着] (USA直輸入品)

価格:43,800円
(2018/3/15 15:44時点)
感想(0件)

 


PS:
インフルB型食らって、暫くブログ更新できませんでした。モーローとして仕事もできず、自宅ネットサーフィンしていて、衝撃の事実をネットのゴルフ記事に発見。タイトル「1Wの反発係数テストを女子ツアー会場で実施」(記事全文はこちら)。反発係数テストは珍しくないけど、インフルでボケた頭にガツンと来たのは、テスト担当者のコメント。“・・・今回のテストでは、数本の1Wが基準値を超えたが、多くの打数を打つツアープロの1Wは、フェースの摩耗が進みやすく、フェースが薄くなることで反発性が増し、数値をオーバーすることは珍しくない・・・”、えっー!ぶっ飛びドライバー使い込んだら、もっと飛ぶようになるってことなのかー!?反発係数上限ルールがあるから新品がいいとも限らないのねー。早速、ネットで中古ぶっ飛びドライバーをさがさなくちゃー!



スポンサーリンク


スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「総合」ランキング


ゴルフ雑誌、読みまくってます

スポンサーリンク 気になるオススメ

やっぱり楽天からのオススメ商品

最新記事

ピン G400 Max ドライバー。G-Maxの呼称、カッチョイイけど、どっかで聞いたぞ・・・悩みながら、F8+と一緒に、試打してレビュー。 May 20, 2018
ミズノ ST180 ドライバー。ドライバーの向こう側に、荒城の夜半の月が見えた・・・気がする、試打してレビュー。 Mar 28, 2018
テーラーメイド M3 ドライバー。M4、M3 460cc、M3 440ccのドライバーを一気に打ち比べたら、ウチナンチューの兄弟が見えた・・・試打してレビュー。 Mar 04, 2018
テーラーメイド RBZ 2.0 ブラックドライバー。ビラをまいてるのを見かけてしまった、かつての灼けたアイドルは、今どーなっているのか、試打して、レビュー。 Feb 24, 2018
キャロウェイ ローグ vs テーラーメイド M4 vs 2016 M2 ドライバー。同じシャフトでガチンコ勝負!オマケにM4 3W vs 3W HLも、試打してレビュー Feb 16, 2018

サイト内検索

カスタム検索

全記事表示リンク

スポンサーリンク

気になるゴルフの話題はFacebookで

スポンサーリンク アマゾンもチェック!





プロフィールと、このブログについて

USテス太

Author:USテス太
月イチプレイのアマチュアゴルファー
右利き 平均スコア90前後

データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品
日本ではレビューされにくい非正規品や、最新ゴルフ用品を試打してレビュー。
感想や紹介よりも、データや数値を中心に、北米からからレポートします。

RSSとFacebookリンク

 follow us in feedly 

QRコード

QR

スポンサーリンク




週末、ゆっくり、お家で。最高じゃん!

スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「ゴルフ」ランキング