Tag : クリーブランド│の記事一覧データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品

クリーブランド ランチャー HD ドライバー。スライサー向けドライバーのイメージ一変したぞ、試打して、レビュー。

Lancher_05.jpg 


試打クラブについて:
たまに日本に仕事で行くけど(本ブログはカナダから発信中!)、最近、日本人との仕事に妙な緊張感を覚える。ジャケット着てないと何か浮いちゃうし、カバンもバックパックじゃ如何にもカナダから来ましたーっぽいし、昔からあることとは言え、ミーティングの着席場所とか、名刺の渡し方とか、お辞儀の角度や、頭下げてる時間なんかも気を使わなくちゃいけないから、なーんか無駄にエネルギーを使うんだよな。カナダ人を連れて行った日本でのミーティングで、待合せ8分前に到着した際に言われた「遅いですね―」は、カンゼンに英語に翻訳不可だったし・・・。なんか、ちょっと、みんな、キビシーんじゃないのー。それとも俺がリラックスし過ぎ?


日本のゴルフ雑誌を読んでると、レッスン記事や上達のヒントなんかの豊富さに圧倒される(ま、だから日本のゴルフ雑誌好きなんだけど)。これってやっぱり日本人の生真面目さというか、良い意味での厳しさと言うべきか。柔道、華道、相撲道・・・など、何でも「道」して、極めて、自らを律するという様な民族性なのかしら? 宮里道場とか、ゴルフも日本ではすっかり「道」化してるもんな。「5分でスライスが、ドローに!」とか、「アプローチ完全ガイド」とかも、北米人には翻訳不可かも。だって、北米人と来たら、スライスは、クラブでカナリ改善されるの知ってるし、アプローチだって結構多くの人がパターやユーティリティで呆気なく寄せてくるし。ましてや、マッスルバックアイアンをゴルフバッグに入れてるアマチュア北米ゴルファーなんて会ったことないし。


今回試打のクリーブランド ランチャー HD ドライバー。久々のクリーブランドブランド(ややこし)のドライバーということで、以前から気にはなってたけど、試打してるショップ店員から「ドローヒッターのお前向きじゃないぜ」と言われていて、テスト、試打を躊躇していたもの。スライサー向けクラブで、"スライサーなら、スイングじゃなくてゴルフクラブを変えればいいじゃんの?"筆頭与力らしい。やめろっと言われても♪♪どんだけ捕まりやすいのか、やっぱりデータで確認してやるー。



スペック: 
クラブ:クリーブランド ランチャー HD ドライバー
9度
Laucher_01.jpg 


シャフト:Miyazaki C. Kua 50
Sフレックス
Miyazaki_CKua.jpg 
Miyazakiシャフトのデザイン、カッチョいーなー。


ボール:
もうボロボロ。スリクソン Zスター XV 2016年モデル
Srixson_ZStar_2016.jpg  


日本のクリーブランドは、現在ではウエッジしかないみたいだけど、スリクソンブランドとの住み分け戦略なのかな?で、日本ではランチャーHD情報が限定的なので、簡単にクラブも紹介。メーカーウエッブサイトにある特徴は5つ。

①クラウンの後ろ側が、フェイスよりも低くなっている”HiBore"クラウンで飛距離が出る。

low-and-deep.jpg 
上の写真で、青くなっている部分ね。この凹みが”HiBore"(この場合の英語のBoreは、穴とか、凹みとか、窪みの意・・・だと思う・・・。)


②固定式(イマドキ珍しい)で、ホーゼル部分を超軽量化。この分の重量をヘッドに配分して深低重心設計。
ultra-lightweight-hosel.jpg 
ホントは単なるコスト抑制なんじゃないのー。


③フレックスフィンで、ヒールやトゥでのミスヒットにも強い。
unique-flex-fins.jpg 


ランチャーカップフェイスで、フェイス全体の反発係数を高めて、これまでで最も大きなスイートスポット。
new-cup-face.jpg 


⑤低く、深い重心位置で、高い許容性、高弾道、低スピンを実現。
hibore-crown.jpg 


そもそも、このドライバーの名称”ランチャー”は、またもや昔の名前で出ていますシリーズで、昔あったドライバーの復刻名称。しかも”HD”は”HiBore”の略称で、この”HiBore”も以前にあったドライバーの名前。つまりこれは、双葉山と羽黒山から名前をとって、北尾が双葉黒になったような、最近なら、北勝海と北の富士から名前をとって、大輝が、北勝富士になったような、メデタイような、名前負けしそうなドライバーということなのだ。 



データ:
Data_Laucher.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)




データ補足:
ーやっぱり、右には行かない。これでも左に行かないように精一杯努力した数字だけど、どう頑張ってもボールは左回転になる。
ー試打クラブのロフトは9度だけど、名前負けしない高弾道。
ー最長キャリーは、232ヤード。最長トータル飛距離は、256ヤード。単なるスライサー向けじゃーないじゃん。人気メーカーの高価クラブと全く遜色のない飛距離。



テスト時の感覚:
ーとにかく、よく捕まるドライバー。ドロー好き(ドローヒッターとは言い切れない・・・)としては、普通の感覚で捕まえにいくと、大きく左フック。で、右に出すつもりで、おもいっきりフェイス開いたり、右プッシュ気味に振っても、右に出すのが難しい。スライサーには恩恵大。
ーMiyazaki C. Kuaシャフトのスペックは見つからないけど、とっても軽いシャフトで、全体がクセなくしなる。力強くしなるイメージはないのに、結果的にしっかり飛んでいる不思議なシャフト。
ー構えるとこんな感じ。
Lancher_04.jpg 



今週のコンペに持っていくなら:
ガチャガチャシャフトであれば、標準のMiyazaki C.Kuaシャフトを、もう少し硬いシャフトに交換して打ってみたいけど、ガチャなしのクリーブランド ランチャー HDでは、そうもいかない。日本で話題のゼクシオXも、ガチャなしみたいだから、そっちに回帰する動きもあるのかな。ドロー好きとしては、左への不安があると、気持ちよく振れなくて欲求不満になりそ。
スライサー向け=初級者向け=性能はソコソコ、っていうイメージを持ちがちだけど、このドライバーの弾きの良さは、アスリートモデルをも凌駕するレベル。クセなくしなるMiyazaki C.Kuaとの相性も絶妙。
例えばイマドキのスピン全盛のテニス界では、誰もがスピン性能が良いラケットやガットを使ってるわけで、ウイルソンT2000でスピンが掛けられるようにならないと、試合は勝てても、真の上達じゃない!・・・とは、鬼の宗方コーチでも、きっと言わないはず。翻って、たとえ巷で人気のアスリート向けクラブでドロー回転にならなくても、自然にドロー回転になるクリーブランドランチャーHDみたいなクラブで、スコアアップするのが、イマドキのゴルフなんじゃないかな、特に練習量の少ないアマチュアには・・・と思わせるクラブでした。



試打後記:
クリーブランド ランチャー HDのプロモーション動画。
内容は、どのクラブでおんなじで、ぶっ飛びで、高弾道で、ミスに強くて・・・だけど、クラブよりもバックグラウンドのゴルフコースが気になってしまった。
もしかして、このビデオで出てくるゴルフコース、カナダ、BC州にある至宝ゴルフコースのトビアノじゃないかなー。谷越えだらけの、超難関コースだけど、すんげーキレイなコース。リゾート一体型で、プレー料金も高いし、バンクーバーからは、ちょっと遠いからお泊りになっちゃうけど、どのホールも絶景で溜息。ついでにボールも沢山なくして青色吐息。
Tobiano.jpg 

トビアノ1番ホールのこんなビデオもあり、強風でヒラつくスカートじゃなくて、風景を見てね。



気になったら 価格チェック:
クラブで簡単にスライス直る上に、よく飛ぶし、Miyazakiシャフトかっちょいいし、しかも格安・・・スライサーが買わない理由な~し。




PS:
試打後にショップをうろついていると、タイトリスト ボーケイ SM6 がセール中。人気商品のボーケイ ウエッジのセールは超レア。
通常、C$189.99のところ、今ならナントC$40ディスカウントのC$149.99!「おー、ちょうど52度のフェイスが使い込んでカワイソウなことになってるんだよなー」
しかも今週中だけ!更に15%オフ!「うわぇ~、スッゲー、ほっしーよー」
ここだけの話、お客様だけに特別サービス。店頭に並べていない、バリバリ新品を裏の倉庫から持ってくるよん♡「買ったー!」

IMG_20171028_160529514.jpg

IMG_20171028_160516031.jpg
新品クラブのビニール剥くのって至福・・・



スポンサーリンク

クリーブランド RTX-3.0 ウエッジ。ボーケイSM5とのスピン量ガチンコ勝負に、差別社会を垣間見た・・・試打してレビュー

試打クラブについて:
グリーン手前まで2打で来たのに、カップまであと30ヤードで、4打も掛かった・・・なんて、アマチュアにはザラ。以前にも書いたが(記事はこちら)、グリーン周りのアプローチやウエッジショット精度が、物凄くスコアメイクに重要であることは、よくよくわかっている。日本のゴルフ雑誌で、アマチュアが2打目までを打ち、そこから3打目以降は、アマとプロが別のボールで勝負して、スコアの差を調べる興味深い実験記事があった。アマチュアが90台なのに対し、プロはちゃんと70台に纏めてしまう。つまり、平均スコア90台のアマチュアゴルファーでも、ウエッジで確実に寄せて、パットを決めれば、常時70台はカンタン、カンタン。


とは言え、飛距離だけを考えるウッドや、番手を使い分けられるアイアンとは異なり、振り幅、インパクト、フェイス開き具合、グリーン傾斜、ピンポジション、ライ、芝の状態、自分の腕前、疲れ方、精神状態、同じ組の人達との関係・・・等々、数値のような、感覚のような様々な係数を、順列組合せサインコサイン鶴亀算で、素早く計算して、精密なショットを繰り出すウエッジは、曼荼羅に宇宙を見るような深淵さと、ルフィが海賊王になるような果てしなさが、トキワ荘に同居しているように複雑怪奇。これじゃ、やっぱりウエッジで常に距離を合わせるのはキッパリ、ムリ。


このゴルフに於けるポアンカレ予想を、スラスラと解明してしまうのが、PGAプロのアプローチにみる、あのバックスピン力・・・と個人的には希求中。だって、確実にボールから捉えるアプローチで、あれだけキュキュッとスピンで止めることできれば、考えるのは落とし所だけでいいじゃん。そしたらアプローチ、ちょーカンタン。


つまり、やっぱり必要なのはバックスピンが効くウエッジだ。あまりショップで試打させてくれないウエッジだが、スピンが効くという噂の新品クリーブランドRTX 3.0と、現在使用中の中古ボーケイSM5を比較。70台が出ない理由は、現在使用中のウエッジのせいなのか?



スペック:
クリーブランド RTX-3.0 ウエッジ
V-MG 56度
RTX3.jpg 

KBS 610 ウエッジ 110
KBS_610_Wedge.jpg 


タイトリスト ボーケイSM5ウエッジ 2016年モデル
Sグラインド 56度
Vokey_SM5_S.jpg 

ボーケイシャフト
トゥルーテンパー ダイナミックゴールド ウエッジフレックス
DG_Wedge.jpg 


ボール
スリクソン Z-Star XV 2016年モデル
Srixson_ZStar_2016.jpg  


隆の鶴 vs 闘牙のそっくり対決を彷彿とさせる。(左SM5, 右RTX-3.0)
RTX3_SM5_Back.jpg

左SM5, 右RTX-3.0
RTX3_SM5_Sole.jpg

左隆の鶴、右闘牙、否、逆かな・・・
Sumo.jpg 


ついでにクリーブランドによるPV。 日本語字幕付き。



データ:
Data_RTX3_SM5.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)



データ補足:
ーキャリー、トータル飛距離は、ほぼ同様。
ー注視するのはバックスピン量。ボーケイは2016年モデルだが、使用頻度も少ない(多くのラウンドで、今回テストで使用した56度ではなく、別のボーケイ58度を使用)ので、RTX-3.0とのバックスピン量の差には驚き。
ー最高バックスピン量は、RTX-3.0の、10,267回転。ちなみにSM5の最高バックスピン量は、9,963回転。
ー以前に掲載した(再び、記事はこちら)タイトリストがウエッジロボットでテストしたデータ(ボーケイSM6 56度 Fグラインド)では、バックスピン量が8,600回転で、打ち出し角度が33度だった。うー・・・どう考えればいいんだろ?



テスト時の感覚:
ーRTX-3.0は、手にした瞬間に明らかに「軽い」。日本のゴルフ雑誌のウエッジ特集記事にも同様に「軽い」という記述があった。メーカー説明でも、旧モデルよりもホーゼル短くして7g,またマイクロキャビティーという小さなキャビティを内部に設けて2g,合計9gを軽くしたらしい。使いはじめはフルショット時に頼りなさを感じたが、慣れれば全く問題なしで、むしろ小さなスイングはしやすい。
ー重さによる手応えのせいか、飛距離やスピン量はSM5の方が、明らかに上回っているとう感覚を持ってテストしていたので、結果は意外。やっぱりデータって大事だー。



今週のコンペに持っていくなら:
プロゴルファーの間でも愛用者が多いという事もあり、僕自身の中にもボーケイ神話を抱えていたことに気づかされた。実際に、コースや練習場で他のウエッジを借りて使用しても、手応えに物足りなさがあり、やっぱりボーケイ、スゲ~と、データなしの感覚だけで無意味な再確認をしていたようだ。もちろんゴルフに感覚は重要な要素なので、スピンを自在に操ることのできるプロゴルファーにとっては、感覚も含めてボーケイ、スゲ~と愛用し続けるのかもしれない。一方、アマチュアゴルファーには、オートマチックに沢山バックスピンが掛かる方が、素直に有り難い。

記事が複雑になるので、ここまで無視してきたが、実際にコンペに持っていく事を考えると、サイドスピン量も気になる。ここでもデータ上、RTX-3.0の方が明らかにサイドスピン量大。個別データでも、RTX-3.0は、2,000回転台が並ぶが、SM5は全て1,000回転台後半。横ブレデータの差は、100ヤードの距離を打って、平均3ヤードの差。しかしRTX-3.0の方が、グリーン着地後にバックスピン量で止まりやすいから、実際の差は3ヤード以下になるはずで、サイドスピン量に起因する横ブレ問題は無視できる範囲内と思料。

グリーン周りからの、キュキュッと止まるアプローチを目指すのが本来の目的だから、オートマチックスピンのRTX-3.0をラウンドで試してみたいなー。これさえあれば、70台が出る気がしてきた。



試打後記:
このウエッジ、RTXは日本語で「ローテックス」とカタカナで読ませてるけど、北米でローテックスって呼んでる人はいない(アール、ティー、エックス)。ウエッジのフェイス溝の形状を、Rotex Face Technologyと名付けているらしい。このRotex、辞書にない単語。ネットでは、カップリングの商品名だったり、ロータリークラブの一組織だったり、大きな産業用選別機械だったり、ダイキン下の暖房システムだったり・・・と、自分でも何を書いているのかチンプンカンプン。旧モデルにはあった意味不明だけカッコイイ「588」もRTX-3.0ではなくなっちゃったしな。

ウエッジ名称で有名な逸話があるのが、キャロウエイのウエッジ、Mack Daddy。フィル・ミケルソンが試打後に、性能の良さに感嘆して、"Mack Daddy!"と叫んだとか、ホントかな?
この場合のMackの意味は、隠語に近く、売春斡旋業者やヒモのこと(語源はフランス語の"maqereau")。これに直訳で父となるDaddyが付くと、そのボスみたいなスゲーやつとなる。転じて、女性を力と金で支配する男らしい男みたいな意味になるらしい(僕のイメージ、某国大統領)。こんな男尊女卑&ピンク由来の名前を、ゴルフ用品に堂々と付けてもいいのかしら?(お、ボーケイのSMも実はそっち系か・・・)



気になったら価格チェック:
今回のデータで、ウエッジは最新がいいということがわかった。
あ、男尊女卑で、まとまったぞ。「女房と畳とウエッジは新しい方がいい」。



スポンサーリンク


スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「総合」ランキング


ゴルフ雑誌、読みまくってます

スポンサーリンク 気になるオススメ

やっぱり楽天からのオススメ商品


ゴルフ情報でもお世話になってます

最新記事

ウイルソン コルテックス(仮名)Cortex ドライバー。テレビ番組で優勝、市場投入・・・♪こんな はずじゃ なかぁったよねー 試打して、レビュー。 Nov 24, 2018
コブラ キング フォージド ワン アイアン。アイアンシャフト長を揃えて行き着く先は、変人か、腰痛か、シングルか・・・試打して、レビュー。 Nov 16, 2018
ピン iブレード i210 i500 アイアン。そろそろポンチョを脱いで、大好きなお母さんに会える気がした、試打してレビュー。 Nov 03, 2018
ミズノ JPX919 アイアン ツアー/フォージド / ホットメタル。ド素人なのに、プロ仕様アイアンの曼荼羅が解けたぜ、試打してレビュー。 Oct 15, 2018
スリクソン Z585 Z785 ドライバー。日本ではゼロから作り直しの内向反省型、北米では他社との比較広告のアグレッシブ挑戦型。どっちなんだー、その実力を試打してレビュー。 Oct 01, 2018

スポンサーリンク 家電も好き♡

カナダにないから、余計に欲しい


サイト内検索

カスタム検索

全記事表示リンク

スポンサーリンク

ゴルフも防災も、できる準備はやっておこ。


防災抜きでも、なんだか欲しい


毎日使い、非常時は持ち出しできるじゃん

スポンサーリンク

楽天ゴルフ売れ筋商品


気になるゴルフの話題はFacebookで

スポンサーリンク

本気ならゴルフもカラダもスマートに!

プロフィールと、このブログについて

USテス太

Author:USテス太
月イチプレイのアマチュアゴルファー
右利き 平均スコア90前後

データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品
日本ではレビューされにくい非正規品や、最新ゴルフ用品を試打してレビュー。
感想や紹介よりも、データや数値を中心に、北米からからレポートします。

RSSとFacebookリンク

 follow us in feedly 

QRコード

QR

スポンサーリンク 気分はスイーツ

おいしいチョコって、贅沢な気分


オフィスに届けたらみんなで分けられる!

スポンサーリンク

広告してたおせち「華寿千」、もう売り切れたので商品切替!



お、その前にお歳暮なら、やっぱ今時は肉。



いつまでもあると思うな年賀状までのタイムリミット

スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「ゴルフ」ランキング

スポンサーリンク

US仕様のゴルフ用品が充実


減量、トレーニング、クラブ購入したら予約だー