Tag : ツアー│の記事一覧データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品

スリクソン Qスター ツアー ボール。「Q」なのに「ツアー」の矛盾解明に、スリクソン技術者の凄みを見たぞ・・・試打して、レビュー

QStar_Main.jpg 


試打クラブについて
見た目だけ上等!のカッチョイイ好きとしては、カッチョイイネーミングにもメッポウ弱い。車であれば、GTとか、Limitedとか、Mとか、Sとか、Rとか、Xとか、Zとか・・・なんか、とにかく車の後ろエンブレムで見栄を張れるカッチョイイ名前の車を駆りたい。
ゴルフ業界でお決まりで、最上級に据えられる名称が、やっぱり「ツアー」。思いつくだけでも、ツアーウエッジ、ツアーシャフト、JPX900ツアー等など、メーカーは違っても「ツアー」冠は共通。最上級モデルっぽくて、欲しくなっちゃう。


で、最近悩んでいるのが、北米専用モデルでスリクソンから発売されたボールの名称、スリクソン Qスター ツアーQスターと言えば、ツアーモデルのZスターの下位モデル的存在でしょ。そこに「ツアー」冠を載せてくるのは、Qスターの反乱か、下克上下か、はたまたセンター交代か?


というわけで、疑問に思ったら、自分でテストして、比較して、データとってみるしかない!本来のツアーモデルである、スリクソン ZスターXV 2017年モデルと、ついでにずっと試打で使い続けているスリクソン ZスターXV 2016年モデルを持って、いつものゴルフショップのシュミレーターに商売妨害しに行くぞー。



スペック: 
ボール①
QStar_Balls.jpg 

ボール②
スリクソン Zスター XV 2017年モデル
ZStar-XV2017.jpg 

ボール③
いつものスリクソン Zスター XV 2016年モデル
Srixson_ZStar_2016.jpg  

Zスター XV 2016年モデルの外箱はこれ
ZStar-XV2016.jpg 


クラブ:キャロウェイ グレートビッグバーサ 2016年モデル(スリクソンと松山繋がりで)
10.5度
Callaway_GBB_2016.jpg 


シャフト:フジクラ スピーダー エボリューション II 665 ツアースペック
フレックスS
Speeder_EVO_II.jpg 


スリクソン Qスター ツアー ボールは日本非売なので、ついでに箱裏能書きも。
左がQスターツアー、右がZスター2017年モデル(Zスター、ZスターXV共通)。
QStar_Box2T-horz.jpg 

ちっちゃいし、写真もボケてるけど、微妙にフライト特性が違っていて、一番の違いはドライバー高さ。Qスターは中~高。ZスターXVは高。



--------------------------------------------------------
スポンサーリンク
プライムはとーぜんなのだ。
--------------------------------------------------------



データ:
Data_QStar.jpg 
明らかなミスヒットを除く、5球平均値)



データ補足:
ーZスター XV 2017年モデルは、同2016年モデルに比べて、真っ直ぐにボールが気持ちよく伸びる。
ー横ブレデータの通り、Zスター XV 2017年モデルは直進的で安定性あり。数値の上でも、真正面に近い所に着地する数字が並んだ。
ー結果的に、Zスター XV 2017年モデルは、気持ちよく力まずに自信を持って叩けて、ますます真っ直ぐ、飛んでいく、天使のスパイラル。
ーサイドスピンデータでも、Zスター XV 2017年モデルの直進性は明らか。バックスピン量はそこそこだけど、サイドスピン量は圧倒的に少ない。スゲー設計技術なのか、単なる偶然か?これが「設計意図」なのであれば、ドライバーで曲がらず、アイアンやアプローチではグリーン上で止まりやすいっていうことか?
ー最長キャリーは、Zスター XV 2016年モデルとZスター XV 2017年モデルで、241ヤード。最長トータル飛距離は、Qスター ツアーで、262ヤード。Qスターは上がらない分、良く転がるっていうことね。


テスト時の感覚:
ーQスター ツアーは、XVよりも打感が柔らかい。
ー使い慣れているZスター XV 2016年モデルとの比較だから、当然かもしれないけど、試打時イメージとデータの違いに愕然。結果的に飛距離は3種類ともに同じようものだけど、試打時には、Zスター XV 2017年モデルが圧倒的に飛んでいるイメージで、逆にQスター ツアーは、全く飛ばないイメージを持っていた。
ーQスター ツアーは、データ通り、しかも箱裏能書き通りに、ボールが上がらない事もあり、思いっきり力んで、引っ掛けぐせが出て、で、ますます上がらないという悪魔のスパイラル。
ーQスター ツアーは上がらないけど、それなりに飛距離は出るということが、今回のデータでわかったから、次回打つ時は力まず打てて、もう少し良い結果になるはず。



今週のコンペに持っていくなら:
Qスター ツアーをメインにテストしたつもりだったけど、Zスター XV 2017年モデルの直進安定性に、センターを取られた感じ。本来メインの、Qスター ツアーの名誉のために、テスト開始以来の快挙(?)を特筆。今回Qスター ツアーの試打5球のキャリーが、全て237ヤード!高さも、横ブレも違うから、偶然と言ってしまえるけど、打点やスイング軌道が不安定なアマチュアゴルファーが多少雑に打っても、いつもそれなりに安定的に飛ぶっていう「設計意図」があるんじゃないか?Zスター XV 2017年モデルのスピン量コントロール設計、Qスター ツアーの飛距離安定性設計・・・スリクソン技術者恐るべし?



試打後記:
スリクソンの北米サイトには、北米で発売されている各ボールの比較表も当然あり。
QStar_Comparison.jpg 
(本表は英語から翻訳したものに、アワードと価格を追加)
Zスター、ZスターXV,そしてQスターツアーも米国ゴルフダイジェストの金賞受賞。Qスターツアーより下のモデルは全て2ピースだけど、QスターツアーはZスターと同様の3ピース構造。カバー素材も、Zスター、ZスターXV,Qスターツアーはウレタンで、その他はアイオノマー。Qスターツアーは、かなりの部分でZスターと競合。しかし価格はカナダドルでC$10安い。飛距離も変わらないし、Qスターツアーで充分じゃん・・・と思わせて、Qスターツアーだけは、僕の好きなイエローボールの設定なし。マーケティング差別化キビシイー。
それにしても気になるのがこの大雑把な比較表現。例えばアプローチスピン量、「中」「多い」「とても多い」「最も多い」、例えば打感「柔らかい」「とても柔らかい」「最も柔らかい」。ラーメン屋の注文か!?・・・うー、データ好きをイライラさせる、いかにも大雑把でアメリカちっく。



気になったら 価格チェック:
ちゃんと日本でもQスターツアーも並行輸入あり。日本のZスターより安いのかな?

【日本未発売】【ボール】【ボール】SRIXON 2017 Q-STAR TOUR ボール 1ダース (USA直輸入品)

価格:3,380円
(2017/9/21 15:05時点)
感想(0件)


ゴルフもキンドルも、読みが大事ですう~



PS1
あ、そーいえば、タイトリストのボールに、NTXツアーってのもあるな。これも最上位機種じゃないぞ。


PS2
最近テーラーメイドTP5がお気に入りで使っていて、それなりにスコアもイイんだけど、どうも名前に萌えないんだよな。元々TPはツアー・プリファードの略だから、既に冠カッチョイイキーワードが含まれてるけど、どこにもTourとは書かれてないし。”TP5”じゃなくて、"Tour Preferred 5"だったら、売上2割増だったに違いない。



スポンサーリンク

ミズノ JPX-900シリーズ アイアン 試打してレビュー。「ホットメタル」、「フォージド」、「ツアー」の3種比較テスト

試打クラブについて:
ナイキのゴルフクラブからの撤退で、プロゴルファーの使用クラブ再編が起きた2016年。これを機に昨年のオフシーズンは、旧ナイキ契約選手を中心に、各選手が様々なメーカーのクラブをテストする機会が増えたという。このオフシーズンテストで、北米では日本ほどは人気がなかったミズノアイアンが、急浮上しつつある。

今年3月に開催されたPGAアーノルドパーマー招待では、ミズノアイアンが大ブレイク。通常のPGAツアーではミズノアイアン使用プロは1~3人なのに対し、この大会では8人のプロがミズノアイアンを使用。そのうち、75%がJPX-900 Tourという日本で聞いたことのないモデルを使用(詳しくはこちらのFacebookページで)。

プロはMPシリーズだと思い込んでいたので、JPXシリーズがPGAプロの間で人気なのは意外。しかもJPXなのに、このTourモデルは、ちょっとマッスルバックっぽい!今回はこの気になる北米版のJPX-900シリーズ3種、JPX-900 Hot Metal(ホットメタル), JPX-900 Forged(フォージド), JPX-900 Tour(ツアー)をまとめてテスト



スペック:
JPX900_HM.jpg 

JPX900_Forged.jpg 

ミズノ JPX-900 ツアー
JPX900_Tour.jpg 
 
JPX-900シリーズ比較
JPX_Back.jpg

JPX_Sole.jpg 

JPX_Front.jpg 
シャフトはトゥルーテンパー DG-S300

ボール
スリクソン Z-Star XV 2016年モデル。
Srixson_ZStar_2016.jpg  

ソールの写真の通り、ヘッドの厚みが、「ホットメタル」→「フォージド」→「ツアー」と順に薄くなり、「ホットメタル」が最もやさしく、「ツアー」が最も操作性が高いという設定。正面や裏から見たヘッド大きさの違いは殆どない。この3種は、形状以外に、それぞれに違う素材を使用するという野心的な試み。
JPX-900 ホットメタル ー クロモリ4140M
JPX-900 フォージド ー 1025ボロンスチール
JPX-900 ツアー ー 1025E 軟鉄
名称で紛らわしいが、「ツアー」はミズノ独自のグレインフローフォージド製法(詳しくはこちら)。「フォージド」も、当然フォージド製法だが、グレインフローフォージド製法という説明は見当たらない。

JPX-900シリーズ ビデオ (英語)


データ:
Jpx900_data.jpg 
 (明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


データ補足:
ー平均したデータ上では、横ブレはどれもほぼ同様だが、「ホットメタル」が最も左右にぶれた。「フォージド」が、最も飛距離も横ブレも安定的。
ー最長キャリーは「ホットメタル」の178ヤード、最長トータル飛距離も「ホットメタル」の198ヤード。


テスト時の感覚:
ー「フォージド」の打感もかなり良いが、「ツアー」の軟鉄フォージド独特の気持ち良い打感が何よりも印象に残る。「ホットメタル」は飛び系アイアンの打感。
ー「ホットメタル」は、見た目ほどのやさしさは感じない。むしろ「フォージド」のほうがやさしく感じる。また「ツアー」もアマチュアでも、充分に打ちこなせるやさしさ有り。


今週のコンペに持っていくなら:
旧MP53アイアンと比べ、「ホットメタル」は1.5番手程飛ぶが、アイアン飛距離勝負なら他社製品の方が上。「フォージド」もMP53と比較して、0.5~1番手飛ぶ。しかも縦、横、高さも極めて安定的。「ツアー」はやはりミスがそのまま飛距離に出るが、しっかり捉えた時の打感は他に代えがたいく、また意外と球もよく上がる。
今使うのであれば、見た目もカッコイイし、ゴルフの更なる上達を目指す意味も含め「ツアー」を選びたい。


試打後記:
やっぱりプロは打感や操作性にこだわって「ツアー」を選択しているに違いない。このJPX-900「ツアー」でも、プロにしてみれば、きっと超カンタンで、操作もしやすいアイアン。一方、アイアンにも飛距離を求め、番手で見栄を張りたいのは、アマチュアゴルファーの単なる邪念か?。
それにしてもミズノアイアンは、どれも気持ちが良く、ますます「打ちたく」させるな~。今度はポール・ケーシーが使っていたMP-25っていうのも試してみたくなった。

気になったら価格チェック:



スポンサーリンク


スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「総合」ランキング


ゴルフ雑誌、読みまくってます

スポンサーリンク 気になるオススメ

やっぱり楽天からのオススメ商品


ゴルフ情報でもお世話になってます

最新記事

ミズノ JPX919 アイアン ツアー/フォージド / ホットメタル。ド素人なのに、プロ仕様アイアンの曼荼羅が解けたぜ、試打してレビュー。 Oct 15, 2018
スリクソン Z585 Z785 ドライバー。日本ではゼロから作り直しの内向反省型、北米では他社との比較広告のアグレッシブ挑戦型。どっちなんだー、その実力を試打してレビュー。 Oct 01, 2018
タイトリスト TS2 TS3ドライバー。新ドライバーも、新シャフトも、松山Fedexカップ1位シナリオも、新番組も気になるけど、試打して、レビュー。 Sep 14, 2018
テーラーメイド GAPR(ギャッパー)LO MID HI、一気テスト。クラブの飛距離階段ギャップ問題は解決するのか?試打してレビュー。 Aug 24, 2018
ピン G400 Max ドライバー。G-Maxの呼称、カッチョイイけど、どっかで聞いたぞ・・・悩みながら、F8+と一緒に、試打してレビュー。 May 20, 2018

サイト内検索

カスタム検索

全記事表示リンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

楽天ゴルフ売れ筋商品

気になるゴルフの話題はFacebookで

プロフィールと、このブログについて

USテス太

Author:USテス太
月イチプレイのアマチュアゴルファー
右利き 平均スコア90前後

データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品
日本ではレビューされにくい非正規品や、最新ゴルフ用品を試打してレビュー。
感想や紹介よりも、データや数値を中心に、北米からからレポートします。

RSSとFacebookリンク

 follow us in feedly 

QRコード

QR

スポンサーリンク

広告してたおせち「華寿千」、もう売り切れたので商品切替!



お、その前にお歳暮なら、やっぱ今時は肉。


スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「ゴルフ」ランキング