Tag : ドライバー│の記事一覧データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品

ピン G400 Max ドライバー。G-Maxの呼称、カッチョイイけど、どっかで聞いたぞ・・・悩みながら、F8+と一緒に、試打してレビュー。

g400-max_driver_sole_708x708.jpg 


試打クラブについて:
外国に住んで、もう長いけど(本ブログはカナダから発信中!)、外人(・・・っていうか、ここでは僕が外人じゃん)のニックネームって、カッチョよくて、いまだに憧れ。。ニックネームって、いわゆる友達がつけてくれるあだ名とは違って、長い本名があって、呼びやすいように決まっているのもがほとんど。ネットの拾い物だけど・・・
Nick_Name.jpg 
これ以外に、周りにいる人で考えると、Benjamin が"Ben"でしょ、Danielle が"Danny"だし、Maxamillionが"Max"、Jessicaが"Jess"だったり。
こんなニックネーム以外にも、JJとかDJとかイニシャルを呼び名にするのもカッチョイイよなー。こっちにいた日本人「隆夫」君は、自分のことを、「TKって呼んでねって」言ってたっけ(・・・うーん、気持ちはわかる・・・)。個人的には、"April"ちゃんとか、"May"ちゃんとか、"June"ちゃんとか、生まれ月系のニックネームもグッとくるぜ(しかし、カマキリ夫人にはグッとはこない)。

ゴルフ選手でも、ダスティン・ジョンソンは"DJ"って呼ばれるし、グレーム・マクドウェルは"G-Mac"。そーいうーかっちょいい英語ニックネームが欲しい。

で、ようやく今回試打するクラブだけど、ピン G400 Max ドライバー。G-Maxって呼ばれて、もうその呼称だけで、外国っぽいニックネームに憧れ続ける日本人の琴線にビンビン響く。先行発売されてたG400ドライバー(記事はこちら)の徹底した直線番長ぶりには、感動を覚えたけど、それが460ccに体積アップして、ぶっ飛びも得たかどうか、データをとって確認だー(ひっさしぶりだなー)! ついでに以前に試打してとっても好印象だったコブラ F8+ ドライバー(記事はこちら)をもっかい打って比較しちゃおー。



スペック: 
クラブ①:ピン G400 Max ドライバー
9.0度
g400-max_driver_sole_708x708.jpg 


シャフト①:ピン ツアー 65
フレックス S
IMG_20180409_201523297_LL.jpg 

IMG_20180409_201528110_LL.jpg 
ロゴ、カッチョイイー。


クラブ②:コブラ F8+ ドライバー
9.0度
Cobra_F8Plus_02.jpg 


シャフト②:プロジェクトX ハザーダス 75 ♡好き♡
フレックス S
IMG_20180409_201448675.jpg 

IMG_20180409_201455538.jpg 


ボール:スリクソン Zスター XV 2017年モデル
Srixon_ZStar_XV_2017.jpg 



北米のピン社でウエッブ上で紹介されている特徴は5つ。
1 でかヘッド
g400-max_driver_address-illus_400x227.jpg 
言わずと知れた460ccへ増量中!。

2 心地よい打球音
g400-max_driver_rib-illus_400x227.jpg 
音を表現する線が昭和、浅草、エノケン、ロッパ。

3 MOIの最大化
g400-max_driver_moi-illus_400x227.jpg3 
MOIが9,900なんだとか。他にはMOIを数字で見ないからよくわからないが、スゲーらしい。

4 フォージドフェース
g400-max_driver_face_400x227.jpg 
超薄T9S+フォージドフェース。

5 優れた空力性
g400-max_driver_toe_400x227.jpg 
英語ではspeed-inducingシェイプって呼んでる。単に空気抵抗を少なくするのではなく、スピードを誘発する形状ってことかな。



データ:
Data_G400Max_F8Plus.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


=====================
ゴルフがないと仕事にやる気がでなーい。音楽がないと生活に彩りがなーい。
・・・結局、寝ても覚めても趣味ばかり。時間ができたら仕事しよっ。
=====================


データ補足:
ー久々のシミュレーター使用もあって、ちっと緊張気味でヘッドスピード遅め。それにしても、G400Maxには、ぶっ飛び期待バーを思いっきり上にして試打に臨んだ分、ちょっと物足りなさあり。
ーやっぱし、コブラF8+ドライバー、左右も飛距離も安定感あって、打っていて安心。
G400Maxは上がらないっていう感覚は全くなかったけど、数字で確認すると最高到達点低いな。
G400Maxの最長キャリーは、233ヤード。ランを含めた最長トータル飛距離は、261ヤード。F8+の最長キャリーは、236ヤード。ランを含めた最長トータル飛距離は、258ヤード。球筋が低い分、G400Maxのほうが良く転がる。



テスト時の感覚:
ーヘッドが大きくなって、飛距離アップ!を期待してたけど、G400とあんまり変わらないかなー。430ccモデルにあった、直線番長が、直線切り込み隊長ぐらいになってるのも気になる。
ー特徴のひとつに挙げられてた音もジミな感じ。
ーG400Maxを構えてみると、こんな感じ。
IMG_20180409_201153059_LL.jpg 
ーちなみにF8+は、こんな。
IMG_20180409_201014818_LL.jpg 
ー並べると、こんな。どっちもでっかい。
IMG_20180409_201424436.jpg 



今週のコンペに持っていくなら:
練習場のままの調子で、コースで回れたら、簡単に70台が出る・・・って思うのは、僕だけじゃないはず。同様にシミュレーター通りには、実際のコースでは打てない(;_;)。以前に試打したG400の直進性データは確かだけど、アマチュアど真ん中の僕が、小さいヘッドのドライバーをコースで構えた時に、どー感じるのかは、ちょっと不安。G400Maxの方が、アマチュアのスコアアップには現実的なのかもしれない。
それにしてもオマケで一緒に打ったコブラ F8+ ドライバーの安心感は他には代えがたいものあり。決して好みの形、顔じゃないのに・・・相性がいいのかしら?



試打後記:
ちょっと前にアディダスの冬用シューズ買っちゃったけど(記事はこちらの文末)、今回、試打した後に、型落ちセールしてたプーマシューズを買ってしまった。
IMG_20180326_233106452.jpg 
すでにコースで使ったけど、以前に持っていたプーマシューズよりも、全体に柔らかさが増して、歩きやすさが向上してる(前のモデルでは、慣れるまでに靴擦れに苦しんだ)けど、安定感は相変わらずスーパーグッド。
それにしても、なんでプーマのグリグリダイヤルは「イグナイトディスク」で、他社みたいに「BOA」って呼ばないんだろ?ロックを外して緩めるときに、BOAみたいに引っ張るんじゃなくて、反対回しにする仕組みだからかなー?


気になったら 価格チェック:
でかヘッド好きフェチには、たまらないでかさ。G400よりも左右に打ち分けできる。

●PING/ピン G400 MAX ドライバー[日本仕様モデル]

価格:54,432円
(2018/5/19 15:46時点)
感想(0件)

 


PS:
僕の母方の苗字は「大島」。叔父は若い頃にノンプロ(って最近聞かないな、死語か?)で野球やっていて、引退後は審判をやってた。ある時、アメリカで大リーグ審判団との研修会があって、名前を聞かれて、大島だから、"Big Island!"とベタに答えたらしい。アメリカ人に意味は解らなかっただろうけど、叔父はやったら背が高かったから、何となく通じたらしく、以後アメリカでは"Big-I"って呼ばれたとか。なーんか、カッチョイイ。さっすが、外人ったらニックネームつけるのにセンスあるよなぁ。



PS2:
それにしても、G-Maxって、なーんか、どっかで聞き覚えあるんだけどなぁ・・・と悩み続けて、漸く気付いた。
Jumbo_Max.jpg 
・・・でも、ジャンボはJから始まるじゃん・・・。



スポンサーリンク

ミズノ ST180 ドライバー。ドライバーの向こう側に、荒城の夜半の月が見えた・・・気がする、試打してレビュー。

Mizuno_ST180_02.jpg 


試打クラブについて:
インターネット時代になって、海外でも、日本国内でも、ここカナダでも(本ブログはカナダから発信中!)情報も物流もすっかり平準化されて、海外での苦労とか、日本への懐かしさや、外国への憧れもすっかりなくちゃっちゃった。日本に住んでた時は、ソニプラとかで、派手なパッケージの外国製シャンプー買って、ベストヒットUSAで海外アーティストのビデオ見て、チャーリーズエンジェルで、みんなが一斉に会話するスピーカーフォンに憧れて・・・。また海外に来た当初は、インターネットもなく、週に3回だけ纏めて放映される日本のニュース(Newsといえるのか?)が待ち遠しかったなぁ。海外の大手商社オフィスには、日本の本をかき集めたミニ図書館までもがあった時代。みんな日本文化に渇望してたのね。なのに、いつの間にか、こうしてカナダから日本語ブログ書いてるんだから、時代は巡ってるんだなー。


ゴルフ業界に限らず、どのブランドも、同じ商品を、世界のどこの国でも、ほぼ同時に販売する平準化マーケティングトレンドにあって、どーいうーつもりか、世界のミズノは、スペックだけではなく、販売するクラブそのものが、日本と海外で違ってるの場合が散見される。好調のジャスティン・トーマスが使ってることで、最近もまた話題になっていたミズノJPX900ツアーアイアン(記事はこちら)なんかは、日本で発売しないのが不思議。


最近の日本のゴルフ雑誌で、ミズノGXドライバーっていうのが、2018年モデルとして、発売予定になってたから、こっちでも発売されるのを心待ちにしてた。テーラーメイドMシリーズに現を抜かしてた時に、いつものショップ店員から、「そういえば、ミズノドライバー入荷したぜ」と聞かされたから、「ずえったいに、うーたーせーろー!」となったのは当然。


日本で沢山レビューや記事があるミズノドライバーを、日本人向けのブログに載せても意味ないけど、きわめて個人的な興味本位で、飛ぶっていう噂&宣伝広告のミズノドライバー試打いきまーす!
IMG_20180302_205353802.jpg 
・・・って、これGXドライバーと見た目全然違うじゃん。「洗濯板で飛ばせ!?」。海外専用モデルなのか~、ミズノST180ドライバー?ほんじゃしっかりデータ取らなくちゃ。



スペック: 
クラブ:ミズノ ST180 ドライバー
9.5度
Mizuno_ST180_01.jpg 



シャフト:三菱ケミカル テンセイ CKブルー 60
フレックス S
Shaft_Tensei_01.jpg 

Shaft_Tensei_02.jpg 


ボール:スリクソン Zスター XV 2017年モデル
Srixon_ZStar_XV_2017.jpg 


前回試打したテーラーメイドM3ドライバーも、この三菱ケミカルテンセイシャフトが標準品で、最近打ってるシャフトの中ではイチバンのお気に入り。ちなみに重量は67g。
 


データ:
Data_Mizuno_ST180.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


=====================
ゴルフがないと仕事にやる気がでなーい。音楽がないと生活に彩りがなーい。
・・・結局、寝ても覚めても趣味ばかり。時間ができたら仕事しよっ。
=====================


データ補足:
ー少々お疲れ気味で、ヘッドスピード上がってないけど、普通にキャリーで230ヤード。最後に試打したミズノドライバーは、えっとー、昨年5月のJPX900ドライバー(記事はこちら)。キャリーは前回と同じぐらい。
ーそれにしても、何度打ってもスライス回転。横ブレ方向も当然センターから右ばかり。最近こんなドライバーないぞー。
ー最長キャリーは、232ヤード。ランを含めた最長トータル飛距離は、255ヤード。



テスト時の感覚:
ー久々に味わう「うっわー、まったくつかまらねぇー・・・」感覚。最近は、アスリート向けドライバーでも、右に行かず簡単に捕まえられるようになっているのとは対照的に、イジメまたは時代錯誤みたいに徹底的につかまらん。ひっかけ癖の僕でも、捕まえ方がわからん。
ーシャフトは、テーラーメイドM3ドライバー(記事はこちら)で試打して、結構お気に入りの三菱ケミカル テンセイ CKブルー 60だから、シャフトがべらぼうに硬いということもなし。

ー構えてみると、こんな感じ。ブルーメタリックが、スポーツカーっぽくて、カッチョイイ。
IMG_20180302_205338927.jpg 

ー先に打ってたM3ドライバーヘッドとの比較。エイリアンの頭っぽく後ろがデカい。
IMG_20180302_205440193.jpg

ー各社反発係数内で最大限のたわみとパワーを得るために工夫があるけど、見た目は「スピードポケット」がいっぱい。(やっぱりジャバラ式のスポイトか、洗濯板にしか見えない・・・)
Mizuno_ST180_04.jpg 

ーフェースはフツー。
Mizuno_ST180_03.jpg 


ーついでにクラブのプロモビデオ。
 

(しつこいようだが、洗剤つけたら、ゴルフグローブ洗うには丁度よさげ)




今週のコンペに持っていくなら:
ミズノドライバーを試打する機会はあまりないけど、数少ないミズノドライバー体験から持っているイメージは、「アマチュアゴルファーに優しく、素直にまっすぐ」。それが、今回のST180ドライバーは、リミッターぶっちぎりの、超プロ志向の何が何でも左だけには絶対に行かない設計。少し時間をかけて、じっくり使いこなすことができれば、左が怖くなくなるから、きっと武器にはなるんだろーけど。またフェード打ちをイメージしているゴルファーには、ちょうどいいのかもしれない。
アイアンでは、玄人好みっていうポジションをしっかり確立したミズノだから、ドライバーでも同じカテゴリー狙いで、いきなり捕まりリミッターをぶっ壊してきたのかな?一体どんだけのスピードで振りぬければ使いこなせるんだろーか?



試打後記:
・・・で、回答は簡単に見つかっちゃった。
試打前には、ショップ店員のコメントはできるだけ聞かないようにしてるけど、「ミズノドライバー入荷したぜ」の次に、間髪を置かず「すっげー飛ぶぜ」のコメント。最近、ぶっ飛びドライバーを立て続けに試打してたこともあり、期待値マックス1000%で臨んだ結果が、捕まらなさボロボロ2000%で、荒城上に昇った月まで見えたような虚しさと敗北感。
試打後に、ショップ店員に、全く打てない話をすると、「おっかしーなー、俺はMシリーズよりも飛んだのに・・・」と不思議そうに首をひねる店員。不思議はこっちなんですけど。で、論より証拠で、店員に一発撃ってもらうことに。バキューーーーーーンと、鈍い打球音を残して、いきなり300ヤード超キャリーのストレートボール!やつのヘッドスピードと来たら、55m/s。オマエのコメントなどサンコーにならーん。今回のミズノST180ドライバー、やっぱりこーいうー人たち向けなのね。



気になったら 価格チェック:
一般庶民には持ち上げることもできない金棒も、鬼が持ったら立派な武器。鬼ヘッドスピードを持つ貴方には、金棒以上の効果あるし、他のゴルファーから一目置かれること間違いなし。

【日本未発売】【USA直輸入モデル】【送料無料】【ドライバー】ミズノ MIZUNO 2017 ST180 ドライバー [MITSUBISHI TENSEI CK BLUE 60(FLEX:S)装着] (USA直輸入品)

価格:43,800円
(2018/3/15 15:44時点)
感想(0件)

 


PS:
インフルB型食らって、暫くブログ更新できませんでした。モーローとして仕事もできず、自宅ネットサーフィンしていて、衝撃の事実をネットのゴルフ記事に発見。タイトル「1Wの反発係数テストを女子ツアー会場で実施」(記事全文はこちら)。反発係数テストは珍しくないけど、インフルでボケた頭にガツンと来たのは、テスト担当者のコメント。“・・・今回のテストでは、数本の1Wが基準値を超えたが、多くの打数を打つツアープロの1Wは、フェースの摩耗が進みやすく、フェースが薄くなることで反発性が増し、数値をオーバーすることは珍しくない・・・”、えっー!ぶっ飛びドライバー使い込んだら、もっと飛ぶようになるってことなのかー!?反発係数上限ルールがあるから新品がいいとも限らないのねー。早速、ネットで中古ぶっ飛びドライバーをさがさなくちゃー!



スポンサーリンク

テーラーメイド RBZ 2.0 ブラックドライバー。ビラをまいてるのを見かけてしまった、かつての灼けたアイドルは、今どーなっているのか、試打して、レビュー。

IMG_20180201_205136106.jpg 


試打クラブについて:
毎日学校なんかで、会ってたクラスメイト。久々に姿を見かけたら、”チョーまじめになってた”とか、”チョー、あか抜けてた”とかで、ど、どーしちゃったの?何があったの?ってことあるけど、今回は、ゴルフクラブで、その驚きを体感。
2012年に、飛距離番長で登場したテーラーメイド ロケットボールズ (RBZ)ドライバーは、白いヘッドが目立ってたせいもあるけど、フェアウエイウッドも含めて、使ってる人が多かった。翌年も新モデルが発売されて、その後のぶっ飛びドライバートレンドを作った先駆的ゴルフクラブ。


その後、そーいえば、見かけなくなった事さえも忘れてたRBZシリーズ。今回はイキナリ店頭で見かけて、しかも見た目もすっかり変わっていて、「ど、どうしたの、RZB?」 。テーラーメイドほどの、大手メーカーが発売する最新ドライバーで、しかも大ヒットしたRBZ復活後継機種となれば、当然、発売前から色々と見聞きすることが増えるけど、このテーラーメイドRBZ 2.0 ブラックドライバーは、TV、雑誌で宣伝もなければ、ネット上でも発売前レビューがほとんどなく、”カバナ”で夜明かししてた灼けたアイドルを、ダウンタウンでビラをまいていたのを見かけてしまったような、時代の移ろいを感じさせる、突然の再会(何のことかわからなくて、けっこー!)。


あのぶっ飛び番長、灼けたアイドルのRZBが、どーしちゃったのか、何があったのかは、データをとって調べるしかないのだ。ゆっくり話を聞かせろよ、RBZ



スペック: 
クラブ:テーラーメイド RBZ 2.0 ブラックドライバー
9.5度
RBZ20_04.jpg 


シャフト:マトリックス OZIK SSX4 ホワイト タイ (White Tie)
フレックス S
Ozik_SSX4_02.jpg 

Ozik_SSX4_01.jpg 


ボール:スリクソン Zスター XV 2017年モデル
Srixon_ZStar_XV_2017.jpg 



店頭に並んでいるにもかかわらず、北米テーラーメイドのウエッブサイト上にも、紹介されず、登場せず。ど、どーしちゃったのRBZ? 仕方なくあっちこっちで情報を収集すると、こんな特徴。
ーアグレッシブ形状でパワフル。
ー460ccチタンヘッド。
ー超軽量チタンコア採用で、ボールが上がりやすく、コントロールもしやすい。
ーおなじみのスピードポケットで、ボールは上がるけど、ロースピン。
・・・等々、特に新技術はないみたいだな。
RZB20_03.jpg 

RZB20_01.jpg
また最新ドライバーなのに、型落ちセール中の2017年Mシリーズドライバーよりも、$50安い。大丈夫か、RBZ?



データ:
Data_RBZ20.jpg
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


=====================
ゴルフがないと仕事にやる気がでなーい。音楽がないと生活に彩りがなーい。
・・・結局、寝ても覚めても趣味ばかり。時間ができたら仕事しよっ。
=====================


データ補足:
ー安定して、オートマチックドローの傾向があり(・・・っていうか、その割には打ち出し方向-2.1°で右に打ち出せてないな・・・最近のショット不安定さは、これが原因かなー?)。
ー最長キャリーは、225ヤード。ランを含めた最長トータル飛距離は、246ヤード。フーン、ぶっ飛びは、やっぱり卒業?



テスト時の感覚:
ー兎にも角にも、飛距離がイチバンのRBZ・・・と思いきや、おとなしいっていうか、大人しい。
ー以前のRBZドライバーは、ちょっと硬いイメージがあったけど、打感は最近打ったテーラーメイドM4ドライバー(記事はこちらと、こちら)寄りの、柔らかめ方向にシフトしてる。
ーまた以前のぶっ飛び上等の無頼さからは卒業して、ちゃんと就職しました~っぽい、初心者から中級者までを満足させるやさしさを備え、しかもスライスしにくい人助けドライバーに、すっかりイメチェン。
ー構えるとこんな感じ。
IMG_20180201_205145278.jpg 
見た目も、ヘッドを白く染めて緑色や黄色のハイライトを入れていた以前のチョイワル時代から、今モデルでは、ヘッドも黒く染めなおして、オトナの社会人として歩んでいく気らしい。・・・な、なんかあったのかよ、RBZ?



今週のコンペに持っていくなら:
すっかり大人しくなったRBZ 2.0 ブラックドライバー。いまさら陽に灼けて夜明かししてた昔のことを懐かしがっても仕方なし。今モデルを素直に見つめなおせば、飛距離、優しさ、安定性、打感・・・と非の打ち所がない。大きな特徴はないけど、前述の通り、初心者~中級者には、安定した飛距離とフェアウエイキープを同時に得られる頼れるパートナーとなるから、いーんじゃないでしょーか(ちょっと寂しくても・・・)。



試打後記:
流通としての北米ゴルフ業界は良く知らないけど、ゴルフショップのささやき副店長(以前にも、こちらで登場)談のテーラーメイド RBZ 2.0 ブラックドライバー登場経緯を紹介。毎年、新モデルと旧モデルが切り替わるこの時期は、各メーカーが在庫旧モデルを大量に出荷して、先行発売されるライバルメーカーの販売を牽制したり、新モデルまでの売上を保ち続ける繋ぎ役となる。今年、テーラーメイド社からは、例年に倣えば大量出荷されるはずの、2017年モデルのM1ドライバー(記事はこちら)やM2ドライバー(記事はこちら)が、品薄だったのか、戦略なのか、とにかく、なぜか大量投入されることがなく「補填されるように」、しかもゴルフショップ(ちなみに北米最大手チェーン店)にとっても「かなり唐突」なタイミングで、このテーラーメイド RBZ 2.0 ブラックドライバーが販売されることになったそうな。なにがあったんだよー、RBZ?



気になったら 価格チェック:
日本でも、最新ドライバーとしては、超破格値!初心者の使い倒し用はもちろん、スライス撲滅用、あるいは左回りが多いゴルフコース用スペシャルとして、どーよ?

Taylormade RBZ Black Driver / テーラーメイド RBZ ブラック ドライバー

価格:19,990円
(2018/2/24 15:54時点)
感想(0件)





PS:
ここバンクーバーは(本ブログはカナダから発信中!)、緯度は高いけど、あんまり雪は降らないから、寒さと雨さえ我慢すれば、一年中ゴルフ可能。週末のコースに加えて、平日もドライビングレンジで練習したいから、乾燥時間が必要なグリップ交換はタイミングが大事。週初めにゴルフショップにクラブを持ち込んで、まとめてグリップ交換完了、準備万端!
IMG_20180223_231838537.jpg 

今まで、ゴルフプライドMCCプラス4のレギュラーサイズを使ってたけど、フック対策とちょっと変化も求めて、ゴルフプライドMCCのミッドサイズに変更してみた。
MCC_Red.png 
新しいグリップで、今週末もいくぜェー!



PS2:
IMG_20180223_232259360.jpg 
・・・Noooooooo!



スポンサーリンク

キャロウェイ ローグ vs テーラーメイド M4 vs 2016 M2 ドライバー。同じシャフトでガチンコ勝負!オマケにM4 3W vs 3W HLも、試打してレビュー

IMG_20180209_201241814.jpg 


試打クラブについて:
みんなでレストランへ行った時、注文をメニューから選ぶのは決して遅い方じゃないと思うけど、出てきた料理を見比べると、なーんか、他の人が頼んだ料理の方が、いつも美味しそうに見える・・・っていう事と同じかどうかはわからないけど、前々回キャロウェイローグドライバー(記事はこちら)試打直後には、ハートにドキューンとなり、前回テーラーメイドM4ドライバー(記事はこちら)試打直後には、M4しかない!と確信してしまうから我ながら、タチが悪い、 カワイイ。


しかも最近のドライバーは、カチャカチャでロフトやフェイス向きも変わるし、オモリの位置で飛行特性も変わっちゃうし、簡単に交換できるシャフト次第で、まるっきり違うドライバーに化けることもある。
こんなふうに色々なファクターで調整、改造できる最近のドライバーは、打ち方やフォームが安定しないアマチュアゴルファー(ハーイ、挙手いち)にとって、全く調整できなかった時代のドライバーとは比べ物にならない程、ストライクゾーンが広くなってるし、買い物失敗も少なくなってる(ハズ)。


しかし、年々高価になるドライバーだから、確信を持って購入したいし、前のドライバーの方が良かったな・・・とレストランで注文した料理を運ばれてきてから後悔するみたいなのは、ゼッタイに嫌だし。
で、やっぱり一番イイのは、現在使用中のお気に入りドライバーを持ち込み、全てのヘッドに同じシャフトを挿して比較するのが、吉野家 vs 松屋 vs すき家の牛丼対決の如く、わかりやすいし、後悔もない。これでキャロウェイローグドライバーにすべきか、テーラーメイドM4ドライバーにすべきかの、ゴルフ界2018年のハムレット問題を解決だー!



スペック: 
クラブ①:キャロウェイローグドライバー
9.0度(写真は10.5度ね)
Rogue_Driver.jpg 
(ロフトを9.5度程に調整)

クラブ②:テーラーメイド M4ドライバー
9.5度
M4_Driver_04.jpg 

クラブ③:テーラーメイド M2ドライバー 2016年モデル
9.5度
2016 M2 Driver 


シャフト:ハザーダス グリーン T800 55
フレックス6.0

IMG_20180209_203027041.jpg 
僕が新古品で購入したハザーダスシャフトは、元々、キャロウェイエピックドライバー(記事はこちら)に装着されていたシャフトで、可変ホーゼルをテーラーメイド向けに交換したもの。北米では、2018年のキャロウェイローグドライバーにも、同じハザーダスシャフトのオプションあり。

HZRDUS_Green.jpg 
(ちょー、お気に入りシャフト!記事はこちら


ボール:スリクソン Zスター XV 2017年モデル
Srixon_ZStar_XV_2017.jpg 



データ:
Data_Rogue_M4_M2.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


=====================
ゴルフがないと仕事にやる気がでなーい。音楽がないと生活に彩りがなーい。
・・・結局、寝ても覚めても趣味ばかり。時間ができたら仕事しよっ。
=====================


データ補足:
ーやっぱりローグドライバーは、ヘッドスピードが上がる。北米のクラブスピードは、日本のメートル/秒(m/s)ではなく、マイル/時(MPH)で表すけど、アマチュアにとっては、100MPHがスイングが遅い早いかの端的な目安。ローグドライバーは軒並み100MPH超えだけど、M4、M2では一度も100MPHを超えることがなかった。
ー最長キャリーは、ローグドライバーの245ヤード。ランを含めた最長トータル飛距離も、ローグドライバーで、272ヤード。やっぱりチャンと当たるとローグドライバーはよく飛ぶよなー。



テスト時の感覚:
テーラーメイドM4ドライバーと2016年M2ドライバーは、打感、感触が、やっぱりよく似てる。でも最大の違いは、捕まりやすさで、M4ドライバー記事でも書いた通り、M4は右向きに擦っても、アウトに振っても、大きくスライス、プッシュアウトすることはない。対して、2016年M2ドライバーは、M4に比較すると左右のミスには、ちょっとだけシビア(はい、いつも使ってるドライバーなので、この事は、コースで痛感済み)。でも一番使い慣れているドライバーなので、試打時にはしっかり左右方向性のコントロールはできたー。
ー構えるとこんな感じ
IMG_20180209_201050467.jpg 
(左:テーラーメイドM4、右:テーラーメイドM2 2016年モデル)



今週のコンペに持っていくなら:
どれも同じような飛距離という結果となり、結局何がいいのさ・・・と自分でもわけわからなくなって、気分転換に、テーラーメイドM4 3W/15度と、M4 3WHL(ハイロフト)/16.5度の打ち比べ開始。
Data_M3_3W_HL.jpg 
3Wの方がより遠くに飛んで、3WHLの方が高くあがる・・・とそのまんまの結果。1Wほどに、むっちゃ飛ぶという感覚はなく、どちらも直進性や、ボールが左右にブレづらいオートマチックさを重視した作りじゃないかな。またどちらのモデルも3Wとしては、誰にでも使いこなせる打ちやすさがある。特に3WHLは、ロフトがある分だけ、より打ちやすいから、狭いホールでも躊躇なく2打目でグリーンを狙えるぞ。



試打後記:
ま、ずっと気に入って使ってるから当然だけど、2016年M2ドライバーの良さに改めて愕然・・・としている所に、大学ゴルフ部在籍、お店の若いバイトが登場。僕が2016年のM2ドライバーと、M4ドライバーを打ち比べているのを見て、持論展開開始。「M4ドライバーどうですか?僕は2016年のM2ドライバーの方がずっといいと思うな。2017年のM2は全然ダメだったから、M4はそれよりはいいけどね。でもやっぱり2016年のM2だよねー」・・・ま、僕の持ってるクラブをほめるという、彼としては精一杯のカスタマーサ―ビスのつもりだったかもしれないし、データでも感覚でもM2の良さには同感だけど、購入前のめり検討で試打してるお客に対峙してるゴルフショップ店員として、それでいーのか?



気になったら 価格チェック:
どのドライバーが良いのか、少し迷ってる人でも、このFWの実戦で活躍には、疑問の余地なし。

【2018年モデル/テーラーメイド】【M4/フェアウェイウッド(3W/5W/7W)】【FUBUKI_TM5】【S/SR/R】【日本正規品】【05P18Jun16】

価格:33,048円
(2018/2/16 15:58時点)
感想(0件)





PS:
すぐに別のものに心揺れる、自称グラグラの実の能力者としては、またまたローグドライバーが気になりだして、試打データ再確認。ローグドライバーの場合、前回試打時も今回試打時も、圧倒的な最高キャリー/飛距離を叩き出した時、最高到達点は、他の飛距離と比較してダントツに高い。当然に聞こえるかもしれないけど、M2ドライバー、M4ドライバーはこれには当てはまらない。つまり、ローグドライバーは高く上げれば、もっと飛ぶっていうことじゃん!お、一時期盛んに推奨してた「ロフトアップ」再来だ。
しかし、ドローバイアスが強いのに、9度からロフトアップするとフェイス角が閉じて、更に引っ掛けやすくなる(反対に思われがちだけど、一般的にはロフト角アップ=フェイス角内向きです)。えっとだから、10.5度をちょっとだけ、ロフトダウンして10度位にしてみたら、今回の試打クラブよりもロフト角はアップして、フェイス角が開いて、引掛けにくくなる!やばーい、机上作戦カンペキ。またこのデータと仮定を元に、ローグドライバー打ちにいかなくちゃー。納得するまで何度でも試打するぜー。



スポンサーリンク

コブラ キング F8 vs F8+ ドライバー。ポピュラーになりきれないコブラ社の、評判新作ドライバーって、結局どーなん?試打してレビュー。

Cobra_F8_F8Plus_02.jpg 


試打クラブについて:
去年12月、リッキー・ファウラーが最終日に大逆転優勝した、PGAツアー「ヒーローワールドチャレンジ」で使用していたのが、今回試打するコブラキングF8+ドライバー。ミスから最終日に逆転を許す場面が多いリッキーだから、北米では皮肉交じりに「これはムチャムチャミスに強いドライバーだ!」という善悪がよくわからない評判を得る結果となった。


元々、いまいちぱっとしないコブラ=期待値ゼロで試打した(記事はこちら)、前作のF7+ドライバーは、「これはムチャムチャ出来がいいドライバーだ!」と、右下げて、左上げて、右上げないで、左下げない的、結局どっちだ系の、超お気に入りドライバー


型落ちセール狙いでコブラキングF7+ドライバー購入を目論んでいたので、F7+の後継機種発売を、まだかまだかと、上念司氏並に首をなが~くして待ち望んでいたところに、いつものショップから暗号通信を受取り、発売前に新作試打実施。
コブラキングF8およびF8+ドライバーは、欧米、北米のレビュ―では軒並み「前作より飛ぶ」という、それって結局飛ぶのか飛ばないのか、よくわからないものばかり。そんならやっぱり、自分でデータとってみるしかなかろうて。



スペック: 
クラブ①:コブラ キング F8 ドライバー
9.5度
Cobra_F8_03.jpg 


シャフト①:アルディラ NV 2KXV
グリーン 65 S
IMG_20180112_201845663.jpg 
IMG_20180112_201853229.jpg 


クラブ②:コブラ キング F8+ ドライバー
9.5度
Cobra_F8Plus_01.jpg 


シャフト②:プロジェクトX ハザーダス
イエロー 75 X (お気に入りシャフトが、ここにもキター!)
IMG_20180112_203414025.jpg 
IMG_20180112_203420880.jpg 
このシャフト、わかりやすくするために、75Xってしたけど、メーカーによる表記では X-Stiff。トルクは2.9で、通常Sで表されるStiffシャフトと同じだけど、X-Stiffのほうが、3g重い。何といってもこのハザーダスは、超個人的現在ダントツナンバー1シャフト。ちょっとハードスペック過ぎるかもしれないけど、ゴルフギア好きとしては、まだ試していないX-Stiff使ってみたかったんですぅ。


ボール:スリクソン Zスター XV 2017年モデル
Srixon_ZStar_XV_2017.jpg 



このF8ドライバーとF8+ドライバーのイチオシセールスポイントは、フェースのCNCミル加工仕上げ・・・って、これ以外はホントに手で仕上げてんの?前回に引続きエンジニア視点から、信じ難し。


この精密加工技術によって、フェース表面形状がより安定し、今までより薄く、精密に、自在に仕上げることが可能に。フェースが薄くなると重心を下げることができて、球も上がりやすく、スピードアップにも寄与。また精密に仕上げられるようになったことで、設計自由度がアップし、スイートスポットを広げることが可能になった(E9テクノロジー)。それに、軽量811チタンボディ+フォージドフェース。
precision_face_detail.jpg 
f8_gains.jpg
f8_lightweight.jpg


またまたこの精密加工技術でフェース上下に別の特性(デュアルロール:上半分の方が下半分に比べてフェースカーブ角度が大きい)を持たせて、打ち出し角とスピン量を最適に。さらにこのカーブ角度は、中央や左右方向にも適正化されており、ヒールやトゥで打っても安定した球筋になる。(ちなみに、ギア好きの皆さんご承知の通り、フェースの縦方向の丸みは"ロール"、横方向の丸みは"バルジ"ね)。
titled_bulge.jpg
optimized_detail.jpg
perfect_bulge.jpg


これ以外にも、メーカーウエッブサイトでは性能、機能、特徴てんこ盛りで、コブラの勝負度が垣間見える。ざっと列挙すると、ガチャガチャに、オモリ調整に、軽量クラウンに、360°空気整流技術に、前作からあるスマホとつながるコブラコネクト等など。
myfly_8.jpg
 plus_two_adjustable.jpg
lightweight_carbon_detail-1.jpg
f8_driver_next_level.jpg
less_drag.jpg
aero_small.jpg
Cobra_Connect.jpg 
もう、紹介しきれません、勘弁してください・・・。



データ:
Data_Cobra_F8_F8Plus.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


=====================
ゴルフがないと仕事にやる気がでなーい。音楽がないと生活に彩りがなーい。
・・・結局、寝ても覚めても趣味ばかり。時間ができたら仕事しよっ。
=====================


データ補足:
ーデータ上で、F8ドライバーとF8+ドライバーの最高到達点に大きな差異が出なかったけど、F8ドライバーは、とにかく高く上がる。シュミレーターの画面中でもなかなか落ちてこなかったもの(これ、ホント)。シャフトの違いを差し引いても、イメージとしては、F8ドライバーは上に上に、F8+ドライバーは前に前に。(では、参勤交代は?)
ー平均しているので、データ上、F8ドライバーの左右ブレが少なくなっているけど、F8ドライバーは、油断するとスライスする球筋も出やすい。F8+は安定的にドロー(F8ドライバーには、オモイッキリドローバイアスのオモリが、ヒール側に装着されているのに・・・)。
ー最長キャリーは、F8+ドライバーで、226ヤード。ランを含めた最長トータル飛距離もF8+ドライバーで、246ヤード。



テスト時の感覚:
ーコブラキングF8ドライバーから試打し始めたけど、最初の強烈な印象は、物凄くソフトな打感。最近、打感がソフトなボールが多く売り出されてるけど、ドライバーの打感でこのソフトさは初体験。CNC加工やフォージドフェイス効果かな?「うわっ、柔らかっ」と思わずフェースをじっと見ること間違いなし。
ーついでに、試打中に一緒にいたショップ店員と、シュミレーターを調整に来ていた技師も初試打したけど(君たちは仕事しなくていーのかなー?)、やっぱり、まず口をついて出る単語は"Soft"。
ー試打した全員が気に入ったソフトさだから、きっとメーカーでもウリ文句にしているはずだと、メーカーウエッブサイトに検索かけたけど、意外にも"Soft"の単語はゼロ。日本での発売時に何をウリ文句にするのか楽しみにしてましょ。
ー構えるとこんな感じ(F8ドライバー、色はグレー)
Cobra_F8_06.jpg 
ー空気整流のための突起は、ピンGシリーズのようなボコボコ感なし。
Cobra_F8_Air.jpg 
ーコブラコネクトはこんな感じ。北米で2月発売のF8アイアンにも装着されるらしい。グリップ交換とか、どうすんだろ?
IMG_20180112_201908054.jpg 



今週のコンペに持っていくなら:
メーカーウエッブサイトでは、F8ドライバーの設定はハンデ5~25のゴルファー。F8+ドライバーの設定ハンデはツアープロ~ハンデ5。ヘッド容量は、どちらもルール上限の460ccだけど、F8の方が若干大きく見える。こんな事から、F8は打ち易くて、F8+はハードっていうイメージを持ってたけど、結果はまったく逆。確かにF8ドライバーの方がボールは上がりやすいけど、F8+ドライバーも、ハイスペックモデルにありがちなハードさはなく、ハンデ20前後でも充分に使いこなせるし、かえって方向性も安定する。どちらのドライバーも、スイートスポットが広く、ミスにはとっても寛容的。今回は、迷わずF8+ドライバーをバッグに入れたいなぁ。


で、個人的に重要な前作のコブラキングF7およびF7+ドライバーとの比較。データ上、F7、F7+の方がぶっ飛んでることになる。但しF8、F8+の方が、縦の距離が非常に安定的で、たとえフェイス真ん中を外しても、距離のバラツキが少ない。しかもF8、F8+の方が、左右でもより狭い範囲に着弾し、スイングが不安定なアマチュアゴルファーに対する、大きな寛容性も示している。ピンG400(記事はこちら)同様に一発のムチャッ飛びは追求せず、練習不足のアマチュアゴルファーが安定して飛距離を伸ばしながらも、しっかりフェアウェイに残せるクラブ。


で、さらに個人的現実を考えると、F8ドライバーも、F8+ドライバーも価格はC$529。しかし首長待ちしていたF7+ドライバー(記事は、もっかい、こちら)が型落ちセールとなり、現在C$299と、その差、C$230。うー、この差はデカイ。価格と性能のバランスで、目論見通りに、コブラキングF7+ドライバーを買っちゃいたいけど、F8+ドライバーに、超お気に入りハザーダスシャフト(ちなみにこのシャフトを単品新品で買うとC$450)が標準装備されることは、正に想定外だった・・・。どーしよー、ショップに、コブラキングF7+ドライバー、あと4本ぐらいしか残ってなかったのに。



試打後記:
北米でのコブラキングF8ドライバー、F8+ドライバー正式発売日は、1月12日。試打は前日夜にさせてもらって、ディスプレイスタンドはあったけど、まだカラッポ。
IMG_20180112_203709477.jpg 
やっぱりリッキーがコブラの顔。



気になったら 価格チェック:
ちゃーんと、もう日本で入手可能。これさえあれば、リッキーみたいに、次々に可愛い彼女をゲットできるに違いない。

Cobra Golf King F8 Driver コブラゴルフ キング F8 プラス ドライバー メーカーカスタムシャフト対応モデル

価格:62,800円
(2018/1/15 11:46時点)
感想(0件)




PS:
リッキーは日本人の祖父を持つから、日本人として、ちょっと応援したくなる。左腕内側にはその祖父の名前である漢字タトゥー「田中 豊」がテレビ中継などでも、ちら見する。ちなみにリッキー自身のミドルネームもユタカだから、自分の名前でもあるんだな。
Ricky_Yutaka.jpg 
ゴルフもうまいし、お金もあるし、人気もあるし、北米ゴルフ界でも有名なイイ奴みたいだし、それなりにカッコイイし、いつも可愛いガールフレンドいるし・・・ウイークポイントが見つからないが、残念ながら、大阪市職員には採用されないし、銭湯でもお断り対象となる・・・へへへ、勝ったぜ・・・?



PS2:
ゴルフのヘッドとシャフトを同時に比較、レビューするのは無理があるのはわかってるけど、今回F8+で試打したハザーダスイエロー 75 Xシャフト(X-Stiff)も、いいー。ヘッドとの相性、スイングのくせ、さらに思い込みや、カンチガイ等も沢山含めて、ハザーダス特徴とも言える、クセのないしなり感は、Sシャフトと変わらず。最近軽量シャフトも流行ってるけど、これはこれでシャフト重さに任せて自然に振り抜ける安定性があるんじゃないかな。



PS3:
で、結局、F7+ドライバー購入計画は、どーするー、俺―?





スポンサーリンク


スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「総合」ランキング


ゴルフ雑誌、読みまくってます

スポンサーリンク 気になるオススメ

やっぱり楽天からのオススメ商品


ゴルフ情報でもお世話になってます

最新記事

ウイルソン コルテックス(仮名)Cortex ドライバー。テレビ番組で優勝、市場投入・・・♪こんな はずじゃ なかぁったよねー 試打して、レビュー。 Nov 24, 2018
コブラ キング フォージド ワン アイアン。アイアンシャフト長を揃えて行き着く先は、変人か、腰痛か、シングルか・・・試打して、レビュー。 Nov 16, 2018
ピン iブレード i210 i500 アイアン。そろそろポンチョを脱いで、大好きなお母さんに会える気がした、試打してレビュー。 Nov 03, 2018
ミズノ JPX919 アイアン ツアー/フォージド / ホットメタル。ド素人なのに、プロ仕様アイアンの曼荼羅が解けたぜ、試打してレビュー。 Oct 15, 2018
スリクソン Z585 Z785 ドライバー。日本ではゼロから作り直しの内向反省型、北米では他社との比較広告のアグレッシブ挑戦型。どっちなんだー、その実力を試打してレビュー。 Oct 01, 2018

スポンサーリンク 家電も好き♡

カナダにないから、余計に欲しい


サイト内検索

カスタム検索

全記事表示リンク

スポンサーリンク

ゴルフも防災も、できる準備はやっておこ。


防災抜きでも、なんだか欲しい


毎日使い、非常時は持ち出しできるじゃん

スポンサーリンク

楽天ゴルフ売れ筋商品


気になるゴルフの話題はFacebookで

スポンサーリンク

本気ならゴルフもカラダもスマートに!

プロフィールと、このブログについて

USテス太

Author:USテス太
月イチプレイのアマチュアゴルファー
右利き 平均スコア90前後

データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品
日本ではレビューされにくい非正規品や、最新ゴルフ用品を試打してレビュー。
感想や紹介よりも、データや数値を中心に、北米からからレポートします。

RSSとFacebookリンク

 follow us in feedly 

QRコード

QR

スポンサーリンク 気分はスイーツ

おいしいチョコって、贅沢な気分


オフィスに届けたらみんなで分けられる!

スポンサーリンク

広告してたおせち「華寿千」、もう売り切れたので商品切替!



お、その前にお歳暮なら、やっぱ今時は肉。



いつまでもあると思うな年賀状までのタイムリミット

スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「ゴルフ」ランキング

スポンサーリンク

US仕様のゴルフ用品が充実


減量、トレーニング、クラブ購入したら予約だー