カテゴリ│ドライバーの記事一覧│データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品

キャロウェイ ローグ vs テーラーメイド M4 vs 2016 M2 ドライバー。同じシャフトでガチンコ勝負!オマケにM4 3W vs 3W HLも、試打してレビュー

IMG_20180209_201241814.jpg 


試打クラブについて:
みんなでレストランへ行った時、注文をメニューから選ぶのは決して遅い方じゃないと思うけど、出てきた料理を見比べると、なーんか、他の人が頼んだ料理の方が、いつも美味しそうに見える・・・っていう事と同じかどうかはわからないけど、前々回キャロウェイローグドライバー(記事はこちら)試打直後には、ハートにドキューンとなり、前回テーラーメイドM4ドライバー(記事はこちら)試打直後には、M4しかない!と確信してしまうから我ながら、タチが悪い、 カワイイ。


しかも最近のドライバーは、カチャカチャでロフトやフェイス向きも変わるし、オモリの位置で飛行特性も変わっちゃうし、簡単に交換できるシャフト次第で、まるっきり違うドライバーに化けることもある。
こんなふうに色々なファクターで調整、改造できる最近のドライバーは、打ち方やフォームが安定しないアマチュアゴルファー(ハーイ、挙手いち)にとって、全く調整できなかった時代のドライバーとは比べ物にならない程、ストライクゾーンが広くなってるし、買い物失敗も少なくなってる(ハズ)。


しかし、年々高価になるドライバーだから、確信を持って購入したいし、前のドライバーの方が良かったな・・・とレストランで注文した料理を運ばれてきてから後悔するみたいなのは、ゼッタイに嫌だし。
で、やっぱり一番イイのは、現在使用中のお気に入りドライバーを持ち込み、全てのヘッドに同じシャフトを挿して比較するのが、吉野家 vs 松屋 vs すき家の牛丼対決の如く、わかりやすいし、後悔もない。これでキャロウェイローグドライバーにすべきか、テーラーメイドM4ドライバーにすべきかの、ゴルフ界2018年のハムレット問題を解決だー!



スペック: 
クラブ①:キャロウェイローグドライバー
9.0度(写真は10.5度ね)
Rogue_Driver.jpg 
(ロフトを9.5度程に調整)

クラブ②:テーラーメイド M4ドライバー
9.5度
M4_Driver_04.jpg 

クラブ③:テーラーメイド M2ドライバー 2016年モデル
9.5度
2016 M2 Driver 


シャフト:ハザーダス グリーン T800 55
フレックス6.0

IMG_20180209_203027041.jpg 
僕が新古品で購入したハザーダスシャフトは、元々、キャロウェイエピックドライバー(記事はこちら)に装着されていたシャフトで、可変ホーゼルをテーラーメイド向けに交換したもの。北米では、2018年のキャロウェイローグドライバーにも、同じハザーダスシャフトのオプションあり。

HZRDUS_Green.jpg 
(ちょー、お気に入りシャフト!記事はこちら


ボール:スリクソン Zスター XV 2017年モデル
Srixon_ZStar_XV_2017.jpg 



データ:
Data_Rogue_M4_M2.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


=====================
ゴルフがないと仕事にやる気がでなーい。音楽がないと生活に彩りがなーい。
・・・結局、寝ても覚めても趣味ばかり。時間ができたら仕事しよっ。
=====================


データ補足:
ーやっぱりローグドライバーは、ヘッドスピードが上がる。北米のクラブスピードは、日本のメートル/秒(m/s)ではなく、マイル/時(MPH)で表すけど、アマチュアにとっては、100MPHがスイングが遅い早いかの端的な目安。ローグドライバーは軒並み100MPH超えだけど、M4、M2では一度も100MPHを超えることがなかった。
ー最長キャリーは、ローグドライバーの245ヤード。ランを含めた最長トータル飛距離も、ローグドライバーで、272ヤード。やっぱりチャンと当たるとローグドライバーはよく飛ぶよなー。



テスト時の感覚:
テーラーメイドM4ドライバーと2016年M2ドライバーは、打感、感触が、やっぱりよく似てる。でも最大の違いは、捕まりやすさで、M4ドライバー記事でも書いた通り、M4は右向きに擦っても、アウトに振っても、大きくスライス、プッシュアウトすることはない。対して、2016年M2ドライバーは、M4に比較すると左右のミスには、ちょっとだけシビア(はい、いつも使ってるドライバーなので、この事は、コースで痛感済み)。でも一番使い慣れているドライバーなので、試打時にはしっかり左右方向性のコントロールはできたー。
ー構えるとこんな感じ
IMG_20180209_201050467.jpg 
(左:テーラーメイドM4、右:テーラーメイドM2 2016年モデル)



今週のコンペに持っていくなら:
どれも同じような飛距離という結果となり、結局何がいいのさ・・・と自分でもわけわからなくなって、気分転換に、テーラーメイドM4 3W/15度と、M4 3WHL(ハイロフト)/16.5度の打ち比べ開始。
Data_M3_3W_HL.jpg 
3Wの方がより遠くに飛んで、3WHLの方が高くあがる・・・とそのまんまの結果。1Wほどに、むっちゃ飛ぶという感覚はなく、どちらも直進性や、ボールが左右にブレづらいオートマチックさを重視した作りじゃないかな。またどちらのモデルも3Wとしては、誰にでも使いこなせる打ちやすさがある。特に3WHLは、ロフトがある分だけ、より打ちやすいから、狭いホールでも躊躇なく2打目でグリーンを狙えるぞ。



試打後記:
ま、ずっと気に入って使ってるから当然だけど、2016年M2ドライバーの良さに改めて愕然・・・としている所に、大学ゴルフ部在籍、お店の若いバイトが登場。僕が2016年のM2ドライバーと、M4ドライバーを打ち比べているのを見て、持論展開開始。「M4ドライバーどうですか?僕は2016年のM2ドライバーの方がずっといいと思うな。2017年のM2は全然ダメだったから、M4はそれよりはいいけどね。でもやっぱり2016年のM2だよねー」・・・ま、僕の持ってるクラブをほめるという、彼としては精一杯のカスタマーサ―ビスのつもりだったかもしれないし、データでも感覚でもM2の良さには同感だけど、購入前のめり検討で試打してるお客に対峙してるゴルフショップ店員として、それでいーのか?



気になったら 価格チェック:
どのドライバーが良いのか、少し迷ってる人でも、このFWの実戦で活躍には、疑問の余地なし。

【2018年モデル/テーラーメイド】【M4/フェアウェイウッド(3W/5W/7W)】【FUBUKI_TM5】【S/SR/R】【日本正規品】【05P18Jun16】

価格:33,048円
(2018/2/16 15:58時点)
感想(0件)





PS:
すぐに別のものに心揺れる、自称グラグラの実の能力者としては、またまたローグドライバーが気になりだして、試打データ再確認。ローグドライバーの場合、前回試打時も今回試打時も、圧倒的な最高キャリー/飛距離を叩き出した時、最高到達点は、他の飛距離と比較してダントツに高い。当然に聞こえるかもしれないけど、M2ドライバー、M4ドライバーはこれには当てはまらない。つまり、ローグドライバーは高く上げれば、もっと飛ぶっていうことじゃん!お、一時期盛んに推奨してた「ロフトアップ」再来だ。
しかし、ドローバイアスが強いのに、9度からロフトアップするとフェイス角が閉じて、更に引っ掛けやすくなる(反対に思われがちだけど、一般的にはロフト角アップ=フェイス角内向きです)。えっとだから、10.5度をちょっとだけ、ロフトダウンして10度位にしてみたら、今回の試打クラブよりもロフト角はアップして、フェイス角が開いて、引掛けにくくなる!やばーい、机上作戦カンペキ。またこのデータと仮定を元に、ローグドライバー打ちにいかなくちゃー。納得するまで何度でも試打するぜー。



スポンサーリンク

テーラーメイド M4 ドライバー。ローグドライバー vs M4ドライバー比較で、ゴルファー家計の予算計画は、どーなるのか・・・試打してレビュー

M4_Driver_05.jpg 


試打クラブについて:
秋から冬にかけては、新しいドライバーが少なくて、ショップで何を試打しようかなかなか決まらないことが多いけど、ここんとこショップに行くと、「うっひー、打つ打つ打つ、ワンワンワン、チンチンチン」となることばかり。ちょーど、ここ数週間が、北米では人気ドライバー新製品発売時期ということもあり(本ブログはカナダから発信中!)、前々回のコブラキングF8, F8+ドライバー(記事はこちら)、前回のキャロウェイローグローグスター、ローグサブゼロ(記事はこちら)とヨダレでっぱなし。・・・で、今回もきたよん、新着発売前のテーラーメイドM4ドライバー!


大手メーカーは、ハクション大魔王がぶら下げてるような、おっきなガマグチで、トッププロゴルファーのスポンサーになるわけだから、当然かもしれないけど、本格的にトッププロが参戦し始めた今年に入ってからのPGAツアー4回のうち、3回の優勝がテーラーメードMドライバー使用ゴルファー。ダスティン・ジョンソン、ジョン・ラーム、ジェイソン・デイ・・・なんだか迫力ありすぎ&ヒゲが濃い面々。しっかもテーラーメイドは、タイガー・ウッズもいるし、ローリー・マキロイもいるし、ジャスティン・ローズもいるし・・・読売巨人軍か?
TeamTM_NavBanner1.jpg 
(こいつらの総資産で、カナダの年間国家予算ぐらいになりそ。オトモダチになりたいわー)


前回レビューしたキャロウェイローグドライバーには、久々のハートにドキューン、カ・イ・カ・ン。メキシコ国境に壁を建設する予算と、ローグドライバーを買う予算のどちらが先に現実味を帯びるのかわからないけど、気持ちはすっかり購入モード。コブラキングF8+ドライバー、ローグドライバーとしっかり試打して比べてきたんだから、この際、「ローグドライバーを念頭」にM4ドライバーもしっかり試打して、データで違いを見極めよー・・・っていうか、ローグドライバーの良さを再認識して、購入に向けてアドレナリンチャージするぞー!



スペック: 
クラブ:テーラーメイド M4ドライバー
9.5度
M4_Driver_04.jpg 


シャフト:フジクラ アトモス レッド 5
Sフレックス
Atmos_Red5_05.jpg 

Atmos_Red5_04.jpg 
(なんか、ジミ。)


ボール:スリクソン Zスター XV 2017年モデル
Srixon_ZStar_XV_2017.jpg 


北米のテーラーメイド社のウエッブサイト地味めで、力入ってない感じ。このM4ドライバーの特徴もテキストで3つ書いてあるだけ。ここでは写真もつけときます。

ーツイストフェイス
M4_Driver_09.jpg 
フェイスのトゥ側のロフトが高く、ヒール側のロフトが低い。これによりサイドスピン量が安定して、ミスに強くなってるそうな。日本の宣伝でもこれが前面に押し出されてるけど、結局、これしかわかりやすく、目新しい技術ないのかしら?

ーハンマーヘッド スロット
M4_Driver_07.jpg 
フェイス後ろ側の凹みね。現在使用中の、2016年モデルのM2ドライバーにも入ってるし。

ーGEOCOUSTIC(ジオコースティックって読むのかな)
ソール側の凹みが、心地いい音と打感を生むんだとか。それに、この凹みでソール側の体積を減らし、余剰体積を、フェース側に利用することにより、67%もスイートスポットが広がったんだとか。これまでのM1、M2ドライバーも、スイートスポットが小さいっていうイメージなかったけど、もっとスンゲーくなったっていうことか?
M4_Driver_03.jpg



データ:
Data_M4_Driver_03.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


=====================
ゴルフがないと仕事にやる気がでなーい。音楽がないと生活に彩りがなーい。
・・・結局、寝ても覚めても趣味ばかり。時間ができたら仕事しよっ。
=====================


データ補足:
ーおお、ローグドライバーより平均飛距離いいやん!打ってる時はローグドライバーの方がぶっ飛んでるイメージ持ってた。やっぱりデータって大事なのねー。
ーデータ上、ローグドライバーと比較して、M4ドライバーのほうが、左への横ブレが1ヤード多いけど、ローグドライバーは必死に左に行くのを抑えての結果。後述の通り、M4ドライバーはある程度の左右打ち分けが可能。
ーそれに、注目点はスイングスピード。ローグドライバー試打時の平均ヘッドスピードは、自分でも出来杉クンの46m/s越え。練習不足のアマチュアだから、隠しきれない調子の波+ちょっと風邪気味で、今回の平均ヘッドスピードは45m/s未満。なのに平均飛距離はローグ越え。どーしましょ?
ー最長キャリーは、250ヤード。ランを含めた最長トータル飛距離は、270ヤード。一発の飛びは、254/277のローグドライバーに軍配。



テスト時の感覚:
ーローグドライバーとM4ドライバーとの比較で感じた最大の違いは、方向性の「特性」。ローグドライバーは、右にプッシュ気味に打出しても、徹底的にオートマチックにベイビードロー傾向で、真ん中から左の狭い範囲に着弾。対してM4ドライバーは、左にも右にも打てるけど、たとえ「ヤッちまって」も大きく左右にブレることはなく、真ん中から左右の狭い範囲に着弾。宣伝盛んなツイストフェイステクノロジー効果?(M3ドライバーはきっと、もっと左右に打ち分けやすいのかなー?)
ー打感は、これまでのMシリーズを踏襲した柔らか目。繰返しになるけど、現在エース使いしてる2016年M2ドライバーと比較しても、右にはフケることがなく、自信をもってフェードを打ちにいける(そんなに上手に打ち分ける実力ないけどぉ)。
ー標準シャフトのフジクラアトモスレッド5は初体験だけど、地味な見た目とは裏腹のブッ飛びシャフト。
ー並べるとこんな感じ。
M4_Driver_10.jpg 

M4_Driver_Rogue.jpg 
(左:ローグドライバー、右:M4ドライバー)
並べてみると、やっぱしローグドライバーのエイリアンヘッドが気になるな・・・。

M4_Driver_06.jpg 
色んな角度から、見てみたけど、やっぱり肉眼じゃ、ツイストフェイスはわからないや。



今週のコンペに持っていくなら:
ー飛距離
テーラーメイドM4ドライバー  ★★★★★
キャロウェイローグドライバー  ★★★★☆
ー極めて個人的な方向性好み。
テーラーメイドM4ドライバー  ★★★★★
キャロウェイローグドライバー  ★★★
ー打感
テーラーメイドM4ドライバー  ★★★★★
キャロウェイローグドライバー  ★★★★★
ーミスに対する許容性
テーラーメイドM4ドライバー  ★★★★★
キャロウェイローグドライバー  ★★★★★
ー価格
テーラーメイドM4ドライバー  C$540
キャロウェイローグドライバー  C$650
ーヘッド形状の好み
テーラーメイドM4ドライバー  ★★★★★
キャロウェイローグドライバー  ★★
ー使用中お気に入りシャフトをホーゼル交換なしで利用可。
テーラーメイドM4ドライバー  ★★★★★
キャロウェイローグドライバー  ☆
(なんか、ちゃんとしたゴルフブログサイトっぽくて、気持ちわるっ。)
・・・って結局なにさ、どーかんがえても、僕にはM4じゃん。



試打後記:
RBZ 2.0 ドライバーの試打目的でショップを訪問した時には、ローグドライバーを薦められて、RBZ 2.0 ドライバーは記事にならず。今回は、G400ハイブリッドをメインに試打しに行ったけど、M4を薦められて、G400ハイブリッドは記事にならず・・・。新製品ラッシュが過ぎたら、地味に記事にしよっと。



気になったら 価格チェック:
お、もう入手できるのか?左が恐いとお嘆きの貴兄には、ローグよりも、絶対M4!

☆日本正規品☆2018年モデル テーラーメイド M4 ドライバー FUBUKI TM5 カーボンシャフト

価格:49,140円
(2018/2/4 09:53時点)
感想(0件)





PS:
飛距離も、球筋も、価格も、全てのファクターで、「M4にしなさ~い」バイアスがギンギンに効いてる。しかしここで、ソールもカバーも、以前に書いた(記事はこちら)、赤青イメージカラー問題勃発・・・
M4_Driver_01.jpg 
・・・と思いきや、今回のテーラーメイド、僕の好きな赤青にクリソツ!
M_Logo.jpg 



PS2:
とーぜん、テーラーメイドM3ドライバーも試さなくちゃ。しかも、今持ってるテーラーメイドM2ドライバー持ち込んで、お気に入りハザーダスシャフト(記事はこちら)つけて、ガチンコ勝負するぜー。



スポンサーリンク

キャロウェイ ローグ ドライバー。ローグドライバー、スター、サブゼロ比較で、ハートにドキューン、試打してレビュー。

Rogue_3Drivers.jpg 


試打クラブについて:
15年間も、当たり前の様にアディダス3本線ロゴをつけて、テーラーメイドの代表的ゴルファーだった、セルジオ・ガルシア(日本だと、セルヒオ・ガルシアって呼ばれてるのね・・・本ブログはカナダから発信中!)が、あっけなくキャロウェイに移籍したのが去年10月中旬。で、移籍後たった3ヶ月で、何もかも新しいキャロウェイクラブで、あっけなく優勝しちゃったのが1月中旬。セルジオは、去年マスターズで優勝したとは言え、20歳台の活躍が目立つ最近の米国PGA、欧州ツアーでは、顔もヒゲも濃いけど、影は薄くなってたから、今回の優勝は全くの予想外。


しかも5打差の圧勝でしょ、すっげ。ドライバー、スプーン、クリークのウッド系が、超話題でみんなが早く打ちたくてウズウズドキドキヤキモキしてる、ジェイルブレイク(脱獄)テクノロジー第二世代のローグシリーズ。キャロウェイによると、セルジオが優勝した「SMBCシンガポールオープン」では、彼の平均ドライバー飛距離は320ヤード超(・・・ホエ~)で、フェアウェイキープ率78.57%(えっと、1ラウンド平均だと、ショートホールを除くから、15ホール中、11~12ホールだ)。4日間で12回プレーしたパー5では、1イーグル、6バーディっていうから、ドライバーの貢献率そーとー高い。
Garcia_Rogue.jpg 
(シンガポールオープン優勝時の、セルジオ・ガルシア使用クラブ。ドライバーはサブゼロ。)


・・・と期待値がストップ高の展開で、去年もジェイルブレイク元祖のエピックドライバーを試打したけど、イマイチ萌えることなかったし(記事はこちら)、エピックドライバーを購入した数人の知人も「お~、買って良かった~♡」というゴルファーはおらず、「ま、買って良かったんじゃん♠」程度。エピックドライバーは、確かに飛ぶドライバーだし、暫くヒットがなかったキャロウェイのイメージアップにはなったけど、なーんか打感がダメだし、ヘッドスピードが上がらないとジェイルブレイクテクノロジーが真に効かないという、スタイルが良くないと入会できないスポーツジムのような、手の届きにくさがあった。
それでも進化版ジェイルテクノロジーを含めた最新技術の固まりみたいだから、もっかい期待値青天井にして、シュミレーターでぶっ叩くぞ―。



スペック: 
クラブ①:キャロウェイローグドライバー
9.0度
Rogue_Driver.jpg 
(後ろ側に、小さなウエイト)


クラブ②:キャロウェイローグドロー(日本名:キャロウェイローグスター
9.0度
Rogue_Star_Draw.jpg 
(ヒール側に、ウエイト)


クラブ③:キャロウェイローグサブゼロ
9.0度
Rogue_Subzero.jpg 
(後ろと前に、小さなウエイト)


シャフト:アルディア シナジー 60
Sフレックス
IMG_20180123_203843736.jpg 


ボール:スリクソン Zスター XV 2017年モデル
Srixon_ZStar_XV_2017.jpg 



北米キャロウェイによる特徴は4つ。
①ジェイルブレイク効果
前作よりも25%軽い砂時計型のチタン柱だけど、クラウンとソールは硬めにして、ジェイルブレイク効果を改善したそうな。ついでに新X-フェイスVFT採用で、ボールスピードがアップ。
Rogue_01.jpg 

ジェイルブレイクテクノロジー特化のプロモビデオ


②トラキシャル(3軸)カーボンクラウン
最近よく耳にする軽くて丈夫な3軸カーボン採用し、余剰ウエイトでMOIと許容性を改善。
Rogue_02.jpg 


③ボーイング社とコラボした新スピードステップテクノロジー
ボーイング社と共同開発した既存技術を、リーディグエッジ形状を見直し、更に空力性能を高め、ヘッドスピードアップにつなげた。
Rogue_03.jpg 


④プレミアムシャフトセレクション
40g台~70g台までのプレミアムシャフトを選択できる。
Rogue_04.jpg 
左から・・・
アルディラ クワランタ (タイムボカンか?)
アルディラ シナジー
プロジェクトX イーブンフロー ブルー
プロジェクトX ハザーダス (キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!)



ローグシリーズドライバーのプロモビデオも。



データ:
Data_Rogue_Driver.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


=====================
ゴルフがないと仕事にやる気がでなーい。音楽がないと生活に彩りがなーい。
・・・結局、寝ても覚めても趣味ばかり。時間ができたら仕事しよっ。
=====================


データ補足:
ーどのクラブも超絶ヘッドスピードにオドロキ。ローグ試打前に、別のドライバー2種類を試打したけど、こんなヘッドスピードは出なかったし、ローグで別のシャフトも試したけど、やっぱりヘッドスピードは超絶だった。新スピードステップテクノロジー恐るべし。
ーローグドローは、僕にはドローバイアスが強すぎて、数値がイマイチになった。
ーローグサブゼロは、ローグドライバーに比べてややボール低め傾向。
ー最長キャリーは、ローグドライバーで、254ヤード(・・・ホエ~)。ランを含めた最長トータル飛距離も、ローグドライバーで、277ヤード。キャリーもランも自己新記録更新!



テスト時の感覚:
ー前作のエピックドライバーとの最大の違いは、著しく改善された打感。エピックドライバーの硬めで無機質な打感から、ローグドライバーは、ボールの潰れやフェイスのたわみを感じるような「しっとり」した打感に進化。この打感改善は、ゴルフショップ店員も全く同じ意見。
ーローグドライバーは、右に行く傾向はなく、打球は真ん中からドロー系。
ーローグドロー(ローグスター)は、その名の通りにドローバイアスが強烈。試しにオモイッキリ右にプッシュアウトして打つと、ビヨ~ンと左に戻ってきた。ヒールのウエイト効果グンバツで、元々ドロー傾向の僕には、データの通り、打出し方向が左向きとなり、飛距離も、高さも芳しい結果は出なかった。
ー厳しさを覚悟して打ち始めたサブゼロ。ローグドライバー、ローグドロー(ローグスター)よりも、若干許容性は低いけど、特には問題なし。サイドスピンもバックスピンも少なく、ボールをこすってフック、スライスを怖がることなく、ドロー、フェードを打ち分けられる。
ー使用したアルディラ シナジーっていうシャフト、先調子傾向だけど全体も癖なくしなる優等生タイプで、好印象。超絶ヘッドスピードはもしかして、このシャフトのせいかと思い、アルディラ クワランタも試したけど、やっぱり超絶ヘッドスピードだったから、新スピードステップテクノロジー効果かな。
ー並べるとこんな感じ。
IMG_20180123_203728651.jpg 

IMG_20180123_203808106.jpg 
(左から、ドライバー、ドロー/スターサブゼロ
ーブルーのイメージあったけど、フツーに黒っぽく見える。
IMG_20180123_203824417.jpg 



今週のコンペに持っていくなら:
これはカ・ナ・リ・ヤバイ。はっきし言って超ほしいー。実は、今回のショップ訪問の主な目的は、テーラーメイドRBZ 2.0ドライバー試打と、型落ちセール中のコブラF7+を、もっかい試打して、良さを確かめてからの”お買い物”だった。結構覚悟決めてクレジットカードを握りしめながらショップに行ったら、店長登場で「・・・来たぜ、ローグ。発売前だけど、いっちょ、いく~?」となり、テーラーメイドRBZ 2.0ドライバー、コブラキングF7+の後に、予定外の試打開始。
もうローグ一発目から、他のドライバーとは、完全に別次元のブッ飛び度を体感して、ハートにドキューン(歌はこちら)。ホントにUSGAのフェイス反発係数ルール内に収まってんのか、これ?それにこの信じがたいヘッドスピードに、ファイトだバキューム。ジムに入会せずとも、急にスタイルが良くなって、モデル事務所に入ってしまった様に呆気にとられた(よくわからん)。またローグドライバー、ローグドロー(ローグスター)、ローグサブゼロの球筋傾向が、しっかり区別化されている上に、それぞれの傾向内で狭い範囲に着弾する安定性があるのもスゴい。飛距離は異次元で、「やべっ」ていう逆ダマが出にくいから、ガルシアのシンガポールオープンそのままに、アマチュアゴルファーのスコアアップにも相当貢献するはず。
個人的にはローグドロー(ローグスター)は合わないけど、スライス傾向のゴルファーにはピッタリ。球筋も、スピン傾向も改善が期待できるんじゃないかな。僕が買うのであれば、ローグドライバーかサブゼロだけど、大好きシャフトのハザーダスも試さなくちゃいけないし、サブゼロで前後のウエイト交換したり、ガチャガチャいじったりして、しっかり自分にあった方を選ばなくちゃな、安い買い物じゃないし・・・って、もうすっかり買う気200%。



試打後記:
前回カラッポだったコブラキングF8/F8+(記事はこちら)シリーズのディスプレイスタンド。
IMG_20180112_203709477.jpg 

今回は、しっかりディスプレイ。売れ行きはイマイチみたいだけど、理由はコブラキングF8/F8+を購入検討するゴルファーの殆どが、キャロウェイローグ、そしてテーラーメイドM3/M4と比較したいがために、これらのクラブが出揃うのを待っているんだとか。僕も全くどーかん。ローグを決める前に、やっぱりテーラーメイドM3/M4も試打しなくちゃ。
IMG_20180123_204318402.jpg 



気になったら 価格チェック:
まだローグシリーズは解禁前で予約販売だけ。日本ではローグドライバーは数量限定だぞ!

【予約販売 2月中旬ごろ発送】 キャロウェイ ゴルフ 2018年 ローグ ドライバー (アルディラ シナジー 50 シャフト) CALLAWAY GOLF ROGUE USAモデル

価格:49,990円
(2018/1/27 18:36時点)
感想(0件)





PS:
しっかし今回のキャロウェイ、価格戦略でも魅力的にしてきたぞ。ローグシリーズでは、エピックシリーズよりも、リストプライスがC$10安く設定してあるー。あ、メーカー策略にカチッとハマって、魅力的とか安いっていう単語を使っちゃたけど、ゴルフクラブ1本でC$650って、ど~なん?う~、でもホチ―よー。



スポンサーリンク

コブラ キング F8 vs F8+ ドライバー。ポピュラーになりきれないコブラ社の、評判新作ドライバーって、結局どーなん?試打してレビュー。

Cobra_F8_F8Plus_02.jpg 


試打クラブについて:
去年12月、リッキー・ファウラーが最終日に大逆転優勝した、PGAツアー「ヒーローワールドチャレンジ」で使用していたのが、今回試打するコブラキングF8+ドライバー。ミスから最終日に逆転を許す場面が多いリッキーだから、北米では皮肉交じりに「これはムチャムチャミスに強いドライバーだ!」という善悪がよくわからない評判を得る結果となった。


元々、いまいちぱっとしないコブラ=期待値ゼロで試打した(記事はこちら)、前作のF7+ドライバーは、「これはムチャムチャ出来がいいドライバーだ!」と、右下げて、左上げて、右上げないで、左下げない的、結局どっちだ系の、超お気に入りドライバー


型落ちセール狙いでコブラキングF7+ドライバー購入を目論んでいたので、F7+の後継機種発売を、まだかまだかと、上念司氏並に首をなが~くして待ち望んでいたところに、いつものショップから暗号通信を受取り、発売前に新作試打実施。
コブラキングF8およびF8+ドライバーは、欧米、北米のレビュ―では軒並み「前作より飛ぶ」という、それって結局飛ぶのか飛ばないのか、よくわからないものばかり。そんならやっぱり、自分でデータとってみるしかなかろうて。



スペック: 
クラブ①:コブラ キング F8 ドライバー
9.5度
Cobra_F8_03.jpg 


シャフト①:アルディラ NV 2KXV
グリーン 65 S
IMG_20180112_201845663.jpg 
IMG_20180112_201853229.jpg 


クラブ②:コブラ キング F8+ ドライバー
9.5度
Cobra_F8Plus_01.jpg 


シャフト②:プロジェクトX ハザーダス
イエロー 75 X (お気に入りシャフトが、ここにもキター!)
IMG_20180112_203414025.jpg 
IMG_20180112_203420880.jpg 
このシャフト、わかりやすくするために、75Xってしたけど、メーカーによる表記では X-Stiff。トルクは2.9で、通常Sで表されるStiffシャフトと同じだけど、X-Stiffのほうが、3g重い。何といってもこのハザーダスは、超個人的現在ダントツナンバー1シャフト。ちょっとハードスペック過ぎるかもしれないけど、ゴルフギア好きとしては、まだ試していないX-Stiff使ってみたかったんですぅ。


ボール:スリクソン Zスター XV 2017年モデル
Srixon_ZStar_XV_2017.jpg 



このF8ドライバーとF8+ドライバーのイチオシセールスポイントは、フェースのCNCミル加工仕上げ・・・って、これ以外はホントに手で仕上げてんの?前回に引続きエンジニア視点から、信じ難し。


この精密加工技術によって、フェース表面形状がより安定し、今までより薄く、精密に、自在に仕上げることが可能に。フェースが薄くなると重心を下げることができて、球も上がりやすく、スピードアップにも寄与。また精密に仕上げられるようになったことで、設計自由度がアップし、スイートスポットを広げることが可能になった(E9テクノロジー)。それに、軽量811チタンボディ+フォージドフェース。
precision_face_detail.jpg 
f8_gains.jpg
f8_lightweight.jpg


またまたこの精密加工技術でフェース上下に別の特性(デュアルロール:上半分の方が下半分に比べてフェースカーブ角度が大きい)を持たせて、打ち出し角とスピン量を最適に。さらにこのカーブ角度は、中央や左右方向にも適正化されており、ヒールやトゥで打っても安定した球筋になる。(ちなみに、ギア好きの皆さんご承知の通り、フェースの縦方向の丸みは"ロール"、横方向の丸みは"バルジ"ね)。
titled_bulge.jpg
optimized_detail.jpg
perfect_bulge.jpg


これ以外にも、メーカーウエッブサイトでは性能、機能、特徴てんこ盛りで、コブラの勝負度が垣間見える。ざっと列挙すると、ガチャガチャに、オモリ調整に、軽量クラウンに、360°空気整流技術に、前作からあるスマホとつながるコブラコネクト等など。
myfly_8.jpg
 plus_two_adjustable.jpg
lightweight_carbon_detail-1.jpg
f8_driver_next_level.jpg
less_drag.jpg
aero_small.jpg
Cobra_Connect.jpg 
もう、紹介しきれません、勘弁してください・・・。



データ:
Data_Cobra_F8_F8Plus.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


=====================
ゴルフがないと仕事にやる気がでなーい。音楽がないと生活に彩りがなーい。
・・・結局、寝ても覚めても趣味ばかり。時間ができたら仕事しよっ。
=====================


データ補足:
ーデータ上で、F8ドライバーとF8+ドライバーの最高到達点に大きな差異が出なかったけど、F8ドライバーは、とにかく高く上がる。シュミレーターの画面中でもなかなか落ちてこなかったもの(これ、ホント)。シャフトの違いを差し引いても、イメージとしては、F8ドライバーは上に上に、F8+ドライバーは前に前に。(では、参勤交代は?)
ー平均しているので、データ上、F8ドライバーの左右ブレが少なくなっているけど、F8ドライバーは、油断するとスライスする球筋も出やすい。F8+は安定的にドロー(F8ドライバーには、オモイッキリドローバイアスのオモリが、ヒール側に装着されているのに・・・)。
ー最長キャリーは、F8+ドライバーで、226ヤード。ランを含めた最長トータル飛距離もF8+ドライバーで、246ヤード。



テスト時の感覚:
ーコブラキングF8ドライバーから試打し始めたけど、最初の強烈な印象は、物凄くソフトな打感。最近、打感がソフトなボールが多く売り出されてるけど、ドライバーの打感でこのソフトさは初体験。CNC加工やフォージドフェイス効果かな?「うわっ、柔らかっ」と思わずフェースをじっと見ること間違いなし。
ーついでに、試打中に一緒にいたショップ店員と、シュミレーターを調整に来ていた技師も初試打したけど(君たちは仕事しなくていーのかなー?)、やっぱり、まず口をついて出る単語は"Soft"。
ー試打した全員が気に入ったソフトさだから、きっとメーカーでもウリ文句にしているはずだと、メーカーウエッブサイトに検索かけたけど、意外にも"Soft"の単語はゼロ。日本での発売時に何をウリ文句にするのか楽しみにしてましょ。
ー構えるとこんな感じ(F8ドライバー、色はグレー)
Cobra_F8_06.jpg 
ー空気整流のための突起は、ピンGシリーズのようなボコボコ感なし。
Cobra_F8_Air.jpg 
ーコブラコネクトはこんな感じ。北米で2月発売のF8アイアンにも装着されるらしい。グリップ交換とか、どうすんだろ?
IMG_20180112_201908054.jpg 



今週のコンペに持っていくなら:
メーカーウエッブサイトでは、F8ドライバーの設定はハンデ5~25のゴルファー。F8+ドライバーの設定ハンデはツアープロ~ハンデ5。ヘッド容量は、どちらもルール上限の460ccだけど、F8の方が若干大きく見える。こんな事から、F8は打ち易くて、F8+はハードっていうイメージを持ってたけど、結果はまったく逆。確かにF8ドライバーの方がボールは上がりやすいけど、F8+ドライバーも、ハイスペックモデルにありがちなハードさはなく、ハンデ20前後でも充分に使いこなせるし、かえって方向性も安定する。どちらのドライバーも、スイートスポットが広く、ミスにはとっても寛容的。今回は、迷わずF8+ドライバーをバッグに入れたいなぁ。


で、個人的に重要な前作のコブラキングF7およびF7+ドライバーとの比較。データ上、F7、F7+の方がぶっ飛んでることになる。但しF8、F8+の方が、縦の距離が非常に安定的で、たとえフェイス真ん中を外しても、距離のバラツキが少ない。しかもF8、F8+の方が、左右でもより狭い範囲に着弾し、スイングが不安定なアマチュアゴルファーに対する、大きな寛容性も示している。ピンG400(記事はこちら)同様に一発のムチャッ飛びは追求せず、練習不足のアマチュアゴルファーが安定して飛距離を伸ばしながらも、しっかりフェアウェイに残せるクラブ。


で、さらに個人的現実を考えると、F8ドライバーも、F8+ドライバーも価格はC$529。しかし首長待ちしていたF7+ドライバー(記事は、もっかい、こちら)が型落ちセールとなり、現在C$299と、その差、C$230。うー、この差はデカイ。価格と性能のバランスで、目論見通りに、コブラキングF7+ドライバーを買っちゃいたいけど、F8+ドライバーに、超お気に入りハザーダスシャフト(ちなみにこのシャフトを単品新品で買うとC$450)が標準装備されることは、正に想定外だった・・・。どーしよー、ショップに、コブラキングF7+ドライバー、あと4本ぐらいしか残ってなかったのに。



試打後記:
北米でのコブラキングF8ドライバー、F8+ドライバー正式発売日は、1月12日。試打は前日夜にさせてもらって、ディスプレイスタンドはあったけど、まだカラッポ。
IMG_20180112_203709477.jpg 
やっぱりリッキーがコブラの顔。



気になったら 価格チェック:
ちゃーんと、もう日本で入手可能。これさえあれば、リッキーみたいに、次々に可愛い彼女をゲットできるに違いない。

Cobra Golf King F8 Driver コブラゴルフ キング F8 プラス ドライバー メーカーカスタムシャフト対応モデル

価格:62,800円
(2018/1/15 11:46時点)
感想(0件)




PS:
リッキーは日本人の祖父を持つから、日本人として、ちょっと応援したくなる。左腕内側にはその祖父の名前である漢字タトゥー「田中 豊」がテレビ中継などでも、ちら見する。ちなみにリッキー自身のミドルネームもユタカだから、自分の名前でもあるんだな。
Ricky_Yutaka.jpg 
ゴルフもうまいし、お金もあるし、人気もあるし、北米ゴルフ界でも有名なイイ奴みたいだし、それなりにカッコイイし、いつも可愛いガールフレンドいるし・・・ウイークポイントが見つからないが、残念ながら、大阪市職員には採用されないし、銭湯でもお断り対象となる・・・へへへ、勝ったぜ・・・?



PS2:
ゴルフのヘッドとシャフトを同時に比較、レビューするのは無理があるのはわかってるけど、今回F8+で試打したハザーダスイエロー 75 Xシャフト(X-Stiff)も、いいー。ヘッドとの相性、スイングのくせ、さらに思い込みや、カンチガイ等も沢山含めて、ハザーダス特徴とも言える、クセのないしなり感は、Sシャフトと変わらず。最近軽量シャフトも流行ってるけど、これはこれでシャフト重さに任せて自然に振り抜ける安定性があるんじゃないかな。



PS3:
で、結局、F7+ドライバー購入計画は、どーするー、俺―?





スポンサーリンク

スリクソン ドライバー Z565 vs Z765。3つの「もしかして」で、前作との違いがわかる・・・かなぁ。とにかく試打して、レビュー。

Srixon_565.jpg 


試打クラブについて:
アメリカと地続きの、カナダだから(本ブログはカナダから発信中!)、アメリカ製クラブは、日本よりも早く入手したり、試打したりできるけど、逆に日本製クラブは、あんまり入ってこない。タイトルが「US仕様の・・・」だから、日本製クラブ関係ないのかもしれないけど、いつも日本のゴルフ雑誌を読んでることもあって、個人的には、やっぱりチョー気になる!ゼクシオなんて一回も打ったことないし、フォーティーンのウエッジも試してみたいし、ホンマなんて、ゲイシャやフジヤマみたいに遠い異国の憧れだし、プロギアなんて、写真で見るだけだから、ほとんどネッシーと一緒。


日本製ゴルフクラブで北米で頑張ってるのは、やっぱりミズノ。こっちでも上級者になるほどに、ミズノ派が増えてくる。ミズノとは比べ物にならないけど、日本製ゴルフクラブ2番手としては、スリクソン。売れているかどうかは別として、北米でプロモーションに努力している様子はよくわかる。松山に限らず、PGAプロと多くのスポンサー契約してるし、テレビでゴルフの中継観てると、かならずCMが流れるし。


で、遅ればせながら、いつものゴルフショップに、スリクソン試打クラブが入荷となり、スリクソンZ565ドライバーと、Z765ドライバーを漸く試打。前作のスリクソンZ545ドライバーと、Z745ドライバーは、北米では販売的にも苦しんでたみたいだけど、スリクソンZ565ドライバーは、北米有名ゴルフテストサイトのGolfSpyで”Most Wanted”を受賞した実力ドライバーだから、期待値大。めったに打てない日本製ドライバーだから、じっくり楽しみながらデータ収集して、前作とも比較だー。



スペック: 
クラブ①:スリクソン Z565 ドライバー
9.5度
Srixon_565.jpg 

クラブ②:スリクソン Z765 ドライバー
9.5度
Srixon_765.jpg 
う~ん、シンプルだけど、カッチョイイぜ。


シャフト:ミヤザキ Kaula Mizu 5554
6S
MIyazaki_Kaula_5554_03.jpg 

このミヤザキのKaula(カウラ)シリーズは、氷(Kori)、霙(Mizore)、霧(Kiri)、水(Mizu)の4種。
「氷」は、手元調子。
「霙」は、手元側と先端側がしなるダブルキック(かな?)
「霧」は、先調子。
そして今回試打の「水」は、全体剛性変化が最も少ないタイプ。
重量57gで、トルクは3.4。

全体的に物凄くカッチョイイ、ミヤザキシャフトだけど、日本人としては、この外国人アーティストが一生懸命真似して書いたようなオカシな漢字が気になるんだよなー。
Miyazaki_Kaula_5554_02.jpg 
・・・とか言って、もしかして(1)有名な書道家が書いた文字だったら、かなり恥ずかしい・・・。


ボール:スリクソン Zスター XV、2017年モデル
Srixon_ZStar_XV_2017.jpg 


もう、日本では発売されて久しく、あっちこっちにスペック紹介があるので、クラブ詳細は割愛。
メーカ―による特徴だけ、列挙すると・・・

①パワーウエーブソール。(日本の宣伝では、「波動で、飛ばせ」だったな。)
driver_power-wave-sole.jpg 
driver_heat-map-comparison.jpg 
(前作のZ545よりも、更にフレキシブル。)

②拡張したカップフェース。(カップフェースの”縁”が広がって、スイートスポットも広くなった。)

driver_face-cup.jpg 

③軽量クラウン。(前作よりも約4gをクラウン部分から取り除いて、MOIを調整し、より低重心になった。)
driver_crown.jpg 


ウッドもフェアウエイウッドもアイアンも登場するから、何だか長いプロモビデオ。




データ:
Data_Srixon_765_565.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


=====================
男性だけど、日本発売前から、いまでもガチで使用中。
 
僕のトラブル肌の世紀末救世主伝説。
=====================


データ補足:
ーデータ上、Z565は捕まりやすく自然なドロー。Z765はどちらかと言うとフェード傾向。これはメーカーによる飛行特性と一致。但しZ565は、ちょっとヤラかすと(タイミングとかフェイス向きとか)、右にも暴れちゃう厳しさ(&危うさ)あり。
ー日替わりで調子が異なるアマチュアど真ん中ゴルファーとしては、前作のZ545、Z745(記事はこちら)と比較して、飛距離は同じくらい。
ー最長キャリーは、スリクソンZ565で、232ヤード。最長トータル飛距離も、やっぱりスリクソンZ565で、255ヤード。



テスト時の感覚:
ー前作のスリクソンZ545ドライバーで感じた、真芯で捉えた時の、至極の打感は、今回のZ565ドライバーにも、しっかり引き継がれてる。前作よりも、明らかにスイートスポットが広がってる分だけ、この禁断の至極打感を味わう頻度大幅アップ。
Z765ドライバーも、前作のZ745ドライバーよりも捕まりが良くなった。でも、ボールは以前よりも上がりにくい。Z765ドライバーなら、ロフト10.5度だな~。
ー構えるとこんな感じ。やっぱり左のZ565がひと回り大きい。
Srixon_765_565_02.jpg 
(左:Z565、右:Z765

上の写真とは、逆でゴメンよ。左:Z765、右:Z565
Srixon_765_565_01.jpg 



今週のコンペに持っていくなら:
前作のZ545、Z745から、見た目も構造もフルモデルチェンジして、捕まりが良くなったことは明確。元々良かった至極ヨダレ打感も、更に良くなってるし、スイートスポットも広くなってミス許容性もアップしてる・・・。それなのにイマイチ「うぉー、欲しぃー!」とならないのは、左右のバラツキが気になっちゃうから。ま、最近ゴルフの調子、特にドライバー悪いからな・・・もしかして(2)下手なだけ?。



試打後記:
カチャカチャクラブ全盛時代に、ピンも、キャラウェイも、タイトリストも、カチャカチャレンチは★型で、共通で使えんのに、どーしてスリクソンだけ、■型なのかしら?
Srixon_Tool.jpg 
あ、もしかして(3)、日本製クラブのレンチって、どこメーカーも、みんな■型なの?



気になったら 価格チェック:
いつものゴルフショップ店員によると、このスリクソンZ565,Z765ドライバーは、日本製ドライバーとしては、北米ゴルファーにも大人気だそうな。

2016モデルダンロップ日本正規品SRIXON(スリクソン) Z565ドライバー(460cc)SRIXON RXカーボンシャフト【あす楽対応】

価格:40,990円
(2017/12/9 16:15時点)
感想(0件)




PS:
しばらくの間、ブログ更新できなかったのは、アジア、日本へ出張してたからでした。ホントは日本のゴルフショップでゆっくり買い物した上で、ゼクシオとか本間とかも、じっくり試打したかったけど、まったく時間作れず・・・。
ゴルフ用グローブは、フィット感が大好きで、ずっとスリクソンの”ダブルベルト”を使ってるんだけど、こっちで売ってないから、これだけは日本から買って帰りたかった。でも、製造中止になっちゃったのね、もうネットでも見当たらない。
で、東京での移動中に慌てて飛び込んだビッグカメラのゴルフコーナーで、”ダブルベルト”の代わりに、ちょっと後継機種っぽい”デュアルロックシステム”買ってみた。
Srixson_Glove.jpg 
早く使ってみたいなー。



スポンサーリンク


スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「総合」ランキング


日本出張時、渋谷のJ!NSでメガネ買いました

スポンサーリンク 気になるオススメ

やっぱり楽天からのオススメ商品

最新記事

キャロウェイ ローグ vs テーラーメイド M4 vs 2016 M2 ドライバー。同じシャフトでガチンコ勝負!オマケにM4 3W vs 3W HLも、試打してレビュー Feb 16, 2018
テーラーメイド M4 ドライバー。ローグドライバー vs M4ドライバー比較で、ゴルファー家計の予算計画は、どーなるのか・・・試打してレビュー Feb 03, 2018
キャロウェイ ローグ ドライバー。ローグドライバー、スター、サブゼロ比較で、ハートにドキューン、試打してレビュー。 Jan 27, 2018
コブラ キング F8 vs F8+ ドライバー。ポピュラーになりきれないコブラ社の、評判新作ドライバーって、結局どーなん?試打してレビュー。 Jan 15, 2018
テーラーメイド P770 アイアン。アイアン特徴から人生哲学が垣間見える?遊び、趣味、仕事、生活・・・違いがわかるか、試打して、レビュー。 Jan 07, 2018

サイト内検索

カスタム検索

全記事表示リンク

スポンサーリンク

気になるゴルフの話題はFacebookで

スポンサーリンク アマゾンもチェック!





プロフィールと、このブログについて

USテス太

Author:USテス太
月イチプレイのアマチュアゴルファー
右利き 平均スコア90前後

データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品
日本ではレビューされにくい非正規品や、最新ゴルフ用品を試打してレビュー。
感想や紹介よりも、データや数値を中心に、北米からからレポートします。

RSSとFacebookリンク

 follow us in feedly 

QRコード

QR

スポンサーリンク




週末、ゆっくり、お家で。最高じゃん!

スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「ゴルフ」ランキング