カテゴリ│フェアウェイウッドの記事一覧│データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品

ピン G400 フェアウエイウッド 3W vs キャロウェイ スチールヘッド 3W。チョ~最新3Wの傾向と対策で、今後のクラブトレンドが見えるか・・・試打してレビュー。

 Steelhead_vs_G400.jpg



試打クラブについて
全英オープン前夜のこれを書いている7月18日のニュースで、フィル・ミケルソンが全英ではドライバーをバッグから抜くかもしれないというニュースが話題になってる。去年の全英オープン覇者のヘンリック・ステンソンもドライバー使わないし、女子プロ飛ばし屋のアリア・ジュタヌガーンもドライバーを入れていない。リンクスコースとの相性はあるとは思うけど、最近のクラブやシャフトは進化度合いが加速しているように思える。これに伴って、ゴルフの常識や習慣も変わりつつあるんじゃないかな。フィル・ミケルソンがドライバーを抜くという、少し前なら想像できなかったような選択も、当然、モデルチェンジ毎に大きく技術革新する最近のゴルフ用品による部分が大。



ピンが満を持して投入したG400シリーズは、これまで試打したドライバー(記事はこちら)と5W(記事はこちら)のデータからは、飛距離を維持しつつも正確性を重視しているコンセプトが良く見て取れた。これってきっとアマチュアゴルファーには朗報だけど、そもそも自分で操作ができる上級者には、物足りないのかもしれない。ましてやドライバーを抜くような選択をするプロにとっては、やっぱり飛距離が重要になってくるわけだし。



スッゲー飛ぶという評判のキャロウェイスチールヘッドXRフェアウエイウッドは、この飛距離重視系のニーズを満たすのかな?思いっきり最新の2つの3Wフェアウエイウッドのデータをとって、今後のフェアウエイウッドやクラブセッティングのトレンドまで見極めるぞ。




スペック:
最新G400フェアウエイウッド試打ルンルン♪と、いつもと同じ軽い気持ちでショップに向かい、3番みっけー。お、こっちも3番みっけー、あ、3番はこっちにみっけー・・・と、入荷されているG400「3番」を思わず二度見+目をこする+額に手を当てて熱の有無確認。え、「3」って刻印されているフェアウエイウッドが3つもあるぞ。これを全部試すのか・・・。


クラブ①:ピン G400 フェアウエイウッド SF Tec
3番 ロフト16度


クラブ②:ピン G400 フェアウエイウッド スタンダード
3番 ロフト14.5度


クラブ③:ピン G400 フェアウエイウッド ストレッチ
3番 ロフト13度
G400_3W_Loft.jpg 

左から、SF Tec 16度、スタンダード 14.5度、ストレッチ13度



シャフト:ピン アルタ CB 65S

Ping_AltaCB_FW.jpg 


このG400標準シャフト、前回の5Wでも試したけど、スペック表示がチョー見づらい。
カモ柄調なので、よ~く探すとスペック出てきます。
イジメか?色弱テストか?写真でわかるかな?

ALTA_FW_Closeup.jpg 



クラブ④:キャロウェイ スチールヘッドXR フェアウエイウッド
3番 ロフト15度

Steelhead_3W.jpg 

かっちょいい・・・



シャフト:三菱テンセイ CKブルー 65S
「天性」かと思ったら、「転生」が正しいようです。
Mitsubishi_Tensei_FW.jpg 

テンセイには今回試打のブルーに加え、ホワイト、オレンジもあり。
ブルーはシリーズ中、最もボール高さが高く、スピン量も多い。 
ついでに英語プロモビデオ。



ボール:スリクソン Z-Star XV 2016年モデル
Srixson_ZStar_2016.jpg  


スチールヘッドXRフェアウエイウッドは、かなり小ぶり、G400は前作Gよりも大型化。
Steelhead_vs_G400.jpg 


スチールヘッドXRフェアウエイウッドの英語ビデオも。



ついでにG400フェアウエイウッド3種と前回試打した5Wを並べて写真撮ろっと、またまた軽い気持ちで並べてみると、あれ、3番同士で見た目違うぞ・・・。
G400_3W_5W.jpg 
左から、SF Tec 16度(3W)、スタンダード 14.5度(3W)、ストレッチ13度(3W)、SF Tec(5W)


うひゃ、G400フェアウエイウッド3番3種の違いはロフトだけじゃなくて、ヘッド体積も違うのか・・・ならば、これも比較しなくちゃ。


G400 3W & スチールヘッド 3W クラブ比較:

G400_Steelhead_Spec.jpg 

G400スタンダードのフェイスは新素材採用で、前作Gフェアウエイウッドと比較して、28%薄く、18%軽く、30%柔軟になった。結果的にフェイスが6g軽量化され、余剰重量を後ろ側にして、ミスヒットに強くしている。またMOIも5%高くなり、平均ボールスピードが約0.9m/s速くなった・・・との事。


G400 ストレッチは3W専用モデルで、5Wなどには「ストレッチ」の設定がない。ピンのホームページでは、SF Tec, スタンダード説明に”フェアウエイウッド”と記述があるのに対し、ストレッチでは"3 Wood"とのみ記述。ストレッチの説明本文でもティショットに触れられており、ストレッチはティショットを強く意識して作られていることがわかる。



ロフトのバリエーションが多いのは、G400だけではなく、最近のフェアウエイウッドの傾向。スチールヘッドXRフェアウエイウッドも、3+W(13.5°), 3W(15°), 4+W(16°), 5W(18°), Heavenwood(20.5°) (なんで6Wじゃないんだ?), 7W(21°), 9W(24°)と盛り沢山。



データ:

ふぅ、やっとデータまできた・・・

Data_G400_Steelhead.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)




データ補足:
ーG400シリーズの打球高さは、ロフト順に、SF Tec(高め)、スタンダード(中間)、ストレッチ(低め)。平均飛距離上位はこの逆順。
ースチールヘッドXRロフトは15度と、G400ストレッチよりも、角度があるが、どのG400よりも球は上がらない。

ーG400シリーズの最長キャリーはストレッチで、228ヤード。最長トータル飛距離もストレッチで、251ヤード。スチールヘッドXRの最長キャリーは、221ヤード。最長トータル飛距離は246ヤード。




テスト時の感覚:
ーG400 3Wはどれも、先に試打したドライバー、5W同様に、左右にブレにくい正確性がある。平均データでは、どれも似たような結果になったが、クラブが持つ傾向として、SF Tecはつかまり易く、Stretchはフェード系。スタンダードは、適度にドロー、フェードを打ち分け易い。

ーG400シリーズはどれも非常にミスに強く、「あ~、やべっ」位に、オフヒットしても、飛距離の落ち方、左右ブレが極端に少ない。

ースチールヘッドは低スピンで球が落ちずに、直線的に伸びるイメージ。G400シリーズよりもフェイス弾きの良さも感じる。

ースチールヘッドは、小さな見た目のヘッドから持つイメージよりも、つかまり易く、球筋もG400 SF Tecとスタンダードの中間辺りで、軽いドロー系。

ーまたスチールヘッドは、噂通りに非常に良く飛ぶ。一方、G400と比較して。ミスにはシビア。




今週のコンペに持っていくなら:

アマチュアゴルファー中、フェアウエイウッドでボールを芯で捉えて、ある程度思い通りの場所に打てる人って、かなりの限られるんじゃないかな?しかもその前には、3Wフェアウエイウッドを打てるクリーンなライと場所に、ドライバーでティショットを運ばなくちゃいけない。加えて白ティからのティショット、パー5ホール数などを考慮すると、アベレージゴルファーが、フェアウェイで3Wで抜く機会って物凄く少ないはず(プレー中に、もうヤブレカブレになってる人は除く)。個人的にもフェアウエイウッドは不得意で、たとえフェアウェイど真ん中でも、クラブヘッドのカバーはできれば外したくない・・・。こんなお茶目なアベレージゴルファーの3W対応策としては、①打ちやすいフェアウエイウッドをバッグに入れる、あるいは、②ウッドはフェアウエイでは使わない、の選択となる。前述の通り、現実的には使用機会が非常に限られるフェアウエイウッドだから、たとえ打ちやすい最新フェアウエイウッドをバッグに入れても、結局はお飾りになっちゃいそう。っていうことは、やはり3番はフェアウエイウッドでの使用は前提とせず、ドライバー同様にティショット専用と割り切れば、気持ちも楽だし、1W,3Wの使い分けで、ティショットをフェアウェイに乗せられる確立もグッとアップするはず。

G400 3Wは、G400ドライバー、5W同様に、左右ブレの少なさにあらためて感心。スチールXRのぶっ飛び度、弾きの良さは、予想以上だが、フェアウェイを狙うティショット専用3Wとして、G400ストレッチほしー。




試打後記:

別メーカーによる、最新フェアウエイウッド2種だが、フェアウエイウッド役割が多様化してきており、メーカーも様々なロフトやスペックを用意して、多様化に合わせようと苦労していることが透けて見える。メーカー自ら技術革新した結果、ゴルフゲーム自体が変化し、またそれに合わせて技術革新するという、皮肉なマッチポンプ輪廻転生に陥っているが、それで新しい用具が売り続けられるんだから、結果的にマーケティング戦略、スッゲー。

これからはゼッタイ、多くのプロが、ティショット専用に1Wと3W入れることになるぞ(いま始めれば、トレンドリーダー。2018年頃には褒められる・・・かも)。ウエッジもPW, AW, SW, LWの4本傾向だし、パターが1本入るから、残り7本がアイアン/ユーティリティか・・・今後、アイアンセットの本数と売り方、ますます難しそうだな~。




気になったら 価格チェック:
やっぱり、まだまだG400フェアウエイウッドはまだ買えません。フェアウエイウッドが得意であれば、狭いホール、短いホールで、ドライバー代わりにスチールヘッドXR 3Wでティショット。スコアアップとトレンドリーダー間違いなし。
   

PS:
あとはG400アイアンか~。その前に、松山をはじめとする全英オープン出場日本人ゴルファーを応援しなくちゃー。アメリカの放送でも、しっかり映し出される順位でプレーしてくださーい。





スポンサーリンク

ピン G400 フェアウェイウッド。G400シリーズの方向性とピン社のガッツを、進化の中に見たぞ、試打してレビュー。

 Ping_G400_3W.jpg


試打クラブについて
待望のG400の第一便が、ショップに秘密裏に入荷したのは昨日。第一便に含まれていたのは、スタンダードドライバー、SF TECドライバー(記事はこちら)、3番フェアウェイ、5番フェアウェイウッドのみ。G400シリーズは、これ以外に、アイアン、ユーティリティ、クロスオーバー(アイアン型ユーティリティ)がラインナップ。北米での発売日は、ドライバーとアイアンが7月27日で、フェアウエイウッド、ユーティリティ、クロスオーバーが8月17日と微妙な時間差。もしかしたら自信作のドライバーとフェアウエイウッドで、ファンをつくって、その後でアイアンその他を買わせようとする戦略かしら?


G400ドライバーのヘッドは前作Gドライバーの460ccから、445ccになったこともあり、見た目でかなり小ぶりになったのがわかる。一方、フェアウエイウッドは、構えてみても、大きさ、形での見分けがつけられないほどにクリソツ。

G400_G_FW.jpg 


これはいつか書いたクリーブランドRTX-3.0 vs. ボーケイSM5のそっくり対決(記事はこちら)同様に、一緒に試打して、進化度合いをデータで見極めなければ。今回は5番フェアウェイウッドのデータで検証。



スペック: 
クラブ:ピン G400 フェアウエイウッド
5番 17.5度 (写真は3番)
Ping_G400_3W.jpg 


シャフト:ピン アルタ CB 65S
Ping_AltaCB_FW.jpg 


クラブ:ピン G フェアウエイウッド
5番 17.5度
Ping_G_5W.jpg 


シャフト:ピン アルタ 65S
Ping_Alta_FW.jpg 


ボール:スリクソン Z-Star XV 2016年モデル
Srixson_ZStar_2016.jpg  


G400標準シャフト名称も、”アルタ”をG標準シャフトから引継ぎ。新シャフト名称はアルタCB。アルタCBのカッパーカラーのシャフトは、渋く洗練されたデザインでカッチョイイな~。
CBは、ピン社独自特許のCounter Balanceの頭文字で、このカウンターバランスデザインでより多くの質量をヘッド側に寄せて、エネルギー伝達をアップさせることができるらしい。
お、ちょっと待てよ。カウンターバランスシャフトということは、G400フェアウエイウッドとGフェアウエイウッドでは、スイングウエイトとか、シャフトバランスとか、ヘッド重さとかも違っているっていう事か。見た目は子供、頭脳は大人の名探偵コナン化しているんだな・・・ならば、スペック比較。


FWシャフト比較:
G400_ALTA_Data.jpg 


5Wクラブ比較:
G400_Club_Data.jpg 


・・・えっ、ロフトも、シャフト長も、ライ角も、スイングウエイトも、フレックスも、重さも、打球高さもスペック、ぜーんぶ一緒じゃん。えっ、しかしヘッド容量はG400が169cc(5番)で、前作の161cc(5番)よりもデカイのか?ドライバーでは大収縮したのに、フェアウエイウッドは膨張してる。このG400フェアウエイウッド5番の169ccは、ちょうど前作の3番フェアウエイウッドと同じ容量。ちなみにG400フェアウエイウッド3番の容量は181ccと、前作から12ccも増量サービス中。



データ:
Data_G400_5W.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)



データ補足:
ーG400フェアウエイウッドは、増えたヘッド容量が、飛距離に反映されない。
ーしかし、ドライバー同様に、G400フェアウエイウッドは、左右のブレが極端に少ない。
ー最長キャリーは、前作Gフェアウエイウッド(5番)の、211ヤード。最長トータル飛距離も前作Gフェアウエイウッド(5番)で、234ヤード。



テスト時の感覚:
ー両クラブのバランス、重量感、打感等はやはりクリソツ。
ーしかし打球は全く異なり、G400フェアウエイウッドは、真っ直ぐ~フェード気味の打球。対してGフェアウエイウッドは、つかまったドロー系。


今週のコンペに持っていくなら:
G400フェアウエイウッドの注目点は、左右のブレの少なさに加えて、打球高さ。ドライバーでも同様に感じたが、G400フェアウエイウッドも、前作Gよりも、球が上がりやすくなっている。平均落下角度は、G400フェアウェイが43度と、Gフェアウエイウッドよりも10度も多く、より真上に近い角度から落ちて来ることがデータでよくわかる。このため、結果的にランを含めたトータル平均飛距離では、前作Gフェアウエイウッドに16ヤード劣るが、平均キャリ―差は、5ヤードとほぼ同様。G400は、ピンをデッドに狙えるフェアウエイウッドに進化している。



試打後記:
G400のドライバーとフェアウェイを試打、データ取得、前作と比較して、G400シリーズの特徴や進化方向がよく見えてきた。元々、ピンのドライバー、フェアウエイウッドの商品ラインナップには、上級者向けのiシリーズと、アベレージゴルファーでもブッ飛ぶGシリーズがあり、Gシリーズは、宿命の如く、ブッ飛び一辺倒に進化してきた。今回のG400では、少し立ち止まり、アベレージゴルファーに何が必要なのかを、再考した感がある。アベレージゴルファーのスコアアップにダイレクトにつながる、左右にブレない正確性、オートマチックな打球高さには、際限のないブッ飛び競争から一歩引いて、ゲームとしてのゴルフの本質に立ち返った、ピンのガッツとコダワリを感じる・・・って読み過ぎかな?



気になったら 価格チェック:
やっぱりG400フェアウエイウッドはまだ買えません。腕に覚えのあるゴルファーなら、安売り中のブッ飛びGドライバーは、今が超お買得。


PS
やっぱりでっかくなったG400 3Wも打ちに行かなくちゃ。



スポンサーリンク

テーラーメイド Mシリーズ フェアウェイウッド、試打してレビュー。M1 vs M2 vs 美人TVレポーター

試打クラブについて:
ゴルフクラブの進化や飛距離は毎年めざましい。僕自身も含めて常にドライバーに注目しがちだが、注目する理由はズバリ「ドライバーが安定しないから」。もっと遠くに、もっと真っ直ぐ・・・最新テクノロジーがアマチュアゴルファーを救うはずだ、ドライバーさえ安定すれば、スコアも良くなるのに・・・。

毎年毎年、新ドライバーに期待するのは、ちょっと楽しみでもあるが、いっそスコアを悪くしている根本原因のドライバーダンシャリもありか?
ヘンリック・ステンソンはドライバーイップッスに陥り、昨年からは、ショートホール以外のほとんどのティーショットは3番ウッドを使用するようになって大復活、全英オープンで優勝。LPGAで強さをみせるアリア・ジュタヌガーンにいたっては、そもそもバッグにドライバーを入れずに、メジャー制覇してるし。

本当はアマチュアゴルファーにはドライバーはいらないのに、雑誌やメーカーが推奨しないのは、やっぱりゴルフ業界商業主義の陰謀ではないのか?これはスコアメイクの救世主・・・かもしれない、最新フェアウェイウッドをテストしなくては。


スペック:
M1_3W.jpg 
シャフト:クロカゲシルバー 70FW S
Kurokage_Silver_FW.jpg 

M2_3W.jpg 
シャフト:トゥルーテンパー REAX 60FW S
True_Temper_REAX_FW.jpg 

ボール
スリクソン Z-Star XV 2016年モデル。
Srixson_ZStar_2016.jpg  


データ:
M12_FW_Data.jpg 
 (明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


データ補足:
ーM1, M2は兄弟クラブだが、2016年モデルよりもそれぞれの特徴が強調されたイメージ。M1はよりシビアに、M2はより優しく。その特徴は、ミスへの許容性、球の上がり具合、飛距離に顕著に出た。
ー最長キャリーはM2フェアウェイウッドの214ヤード、トータル飛距離も同じくM2フェアウェイウッドの244ヤード


テスト時の感覚:
ー最新M2フェアウェイウッドは、最新M2ドライバー同様、2016年モデルよりも良く捕まる・・・というよりも、左に引っ掛けないように慣れるまで時間を要した。
ーシャフトのせいだけではなく、M1は2016年モデルよりも硬い感じ。


今週のコンペに持っていくなら:
ーM1のクロカゲシルバーはプロからのオススメ、M2に刺さっていたシャフトはストックシャフトだったが、結果的に疑問の残るヘッドxシャフトの組合せ。M2は捕まりすぎるし、M1はシビア過ぎるので、僕の腕では、M1には柔らかめのシャフト、M2には硬めのシャフトがマッチしそう。買ってバッグに入れるなら、やはりM2ヘッドx先端硬めのシャフトだが、僕の場合、ドライバーより安定しているとは言い切れない・・・。やはりテクノロジーに頼らず練習かぁ。


試打後記:
これを書いている4月9日は、ダークホースのセルジオ・ガルシアがマスターズ優勝。最終日3打差リードでスタート、ジャスティン・ローズに追いつかれた頃からショットが乱れてボギー続き、13番でティーショットが林に突っ込んでアンプレになった時には、もう無理だと思った。テレビで観ているこっちが既にここで精神ボロボロだったのに、本人はそこからパーを拾って、バーディ、イーグル、プレーオフ、優勝とは、なんちゅー精神力。その彼のバッグに今日入っていたのは、M2ドライバーに、M1フェアウエイウッド。ティショットでフェアウェイウッドを使う場面もあったし、もしかしたら15番でイーグルをとったのも2打目はフェアウェイウッドかな。
それよりも、セルジオ・ガルシアのフィアンセ。フットボール中継やゴルフチャンネルのレポーターやってたと思ったら、アマチュアゴルフでも結構活躍していたらしい。
Angela_Akins.jpg 
M1よりも、M2よりも、マスターズ優勝よりも、こっちのほうが気になる。


気になったら価格チェック:



スポンサーリンク


スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「総合」ランキング

スポンサーリンク 気になるオススメ

楽天からのオススメ商品

最新記事

テーラーメイド P790 フォージドアイアン。タイトリストAP1とアイアン4兄弟、末弟ディスタンス系対決で、試打してレビュー。 Sep 09, 2017
ミズノ MP-18 アイアン 4機種。注目のカスタム専用モデル ミズノプロ とビミョーな関係だから、試打してレビュー。 Aug 29, 2017
ピン G400 LST ドライバー。つい入荷したG400LSTドライバーに超感動、しかも標準玉虫色シャフトの本質がわかったぞ、試打してレビュー。 Aug 19, 2017
キャロウェイ グレードビッグバーサ ドライバー 2016年モデル。使っているのは松山だけじゃないぞ、全米プロゴルフ選手権で活躍した・・・も使用中だから、試打してレビュー。 Aug 14, 2017
タイトリスト 816H1 ハイブリッド。カッチョイイクラブなら、カッチョイイスコアになるのか、試打してレビュー。 Aug 08, 2017

サイト内検索

カスタム検索

全記事表示リンク

スポンサーリンク

気になるゴルフの話題はFacebookで

スポンサーリンク アマゾンもチェック!


プロフィールと、このブログについて

USテス太

Author:USテス太
月イチプレイのアマチュアゴルファー
右利き 平均スコア90前後

データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品
日本ではレビューされにくい非正規品や、最新ゴルフ用品を試打してレビュー。
感想や紹介よりも、データや数値を中心に、北米からからレポートします。

RSSとFacebookリンク

 follow us in feedly 

QRコード

QR

スポンサーリンク

スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「ゴルフ」ランキング