2017年03月の記事一覧│データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品

タイトリストのテストをデータ化 ボーケイSM6ウエッジ 使用による摩耗とショットへの影響 ウエッジ買い換え時期目安も!

[タイトリストのテストをデータ化 ボーケイSM6ウエッジ 使用による摩耗とショットへの影響 ウエッジ買い換え時期目安も!]の続きを読む




スポンサーリンク

テーラーメイド 2017 M2ドライバー (シャフト2種)、試打してレビュー。 ついでに 2016 M2ドライバーと比較

試打クラブについて:
やっぱり気になる人気クラブの進化版。テーラーメイドM2ドライバー 2017年モデルをシュミレーターに持ち込んで試打

北米では昨年来、「振り向けば、Mドライバー」と言えるほど、プロのTV中継でも、近所のドライビングレンジでも、白黒のM1ドライバー、M2ドライバーがだらけ。2016年モデルは、口コミやレビューでも上々の実力派。契約プロは正統進化したと言われる、最新の2017年モデルに、当然のように早々と切替え。

「進化した」のが真実でも、自分で購入するアマチュアには、費用対効果が最重要。気になるシャフトと共に、2017年モデル(文中、新モデルと表記)と2016年モデル(文中、旧モデルと表記)をガチ比較。


スペック:
テーラーメイドM2ドライバー 2017年モデル 10.5度
2017 M2 Driver
 
シャフトは2種類
Fujikura Pro - 56S
Fujikura_Pro_56S_2.jpg 

Aldila Rouge 60S
Aldila_Rogue_60S_2.jpg 

ホーゼル部セッティングは、Neutral 

ボール
スリクソン Z-Star XV 2016年モデル。
Srixson_ZStar_2016.jpg  

比較ドライバー
テーラーメイドM2ドライバー 2016年モデル 10.5度
2016 M2 Driver 



データ:
Test Data M2 
 (明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


データ補足:
ー前回試打したキャロウエイGBBエピックドライバー(過去の記事はこちら)と比較すると、捕まりは悪く、全体的に右に飛び出し、スライス傾向。
ー最長キャリーは旧モデルM2ドライバー(Fujikura)の253ヤード、最長トータル飛距離も2016年M2ドライバー(Fujikura)の279ヤード。


テスト時の感覚:
ー打感は新モデルM2ドライバーが、旧モデルよりも適度に弾くイメージが強まり好印象。
ーその弾くイメージとは逆に、⑤打ち出し方向データの通り、新モデルは捕まり易くなっている。
ーFujikuraシャフトの程よい柔軟性は、M2ヘッドには良くマッチ。
ーAldila Rougueは、一時期プロの間でブレイクした事でも分かる通り、数値(トルク3.4)よりも全体に硬く感じさせる。結果として、⑤、⑥データの通り、右に飛び出して、スライス回転・・・。当然⑪、⑫の飛距離も伸びない。


今週のコンペに持っていくなら:
旧モデルが、最高キャリー及びトータル飛距離を記録したが、この時の⑨最高到達点は、34ヤードと平均値以下。また⑤打ち出し方向は右に7.8度で、回転は-476のドロー。(⑬横ブレも左に僅か7ヤード)。つまり旧M2ドライバーは、高く上げて飛ばすのではなく、しっかり捉えて、前に強く押し出して、その性能を引き出せる。アマチュアゴルファーにとって、この「しっかり捉える」が問題。結局はしっかり捉える事ができた時だけ気持ちいい=いわゆる一発の魅力となりかねない。この打球は超気持ち良かった!
新モデルの打感は好印象で、旧モデルよりも優等生的な作り。捕まりと球の上がりをアップさせるアマチュアゴルファーには嬉しい「進化」をさせて、飛距離を生み出そうとしている。横ブレも少なくなっており、真に正統進化している。
平均飛距離も申し分なく、コースへ持っていきたいのは、やはり新モデル。


試打後記:
プロが新モデルにどんどん切替えて行く理由は良くわかった。アマチュアが、スコアアップのために、旧モデルから買い換えるべきか、それとも同じお金を掛けて、旧モデルでも安定的にドローボールを打てるように練習するべきか・・・?


気になったら価格チェック:



スポンサーリンク

キャロウエイ GBBエピックドライバー、試打してレビュー

試打クラブについて:
北米でも、TV、雑誌で大々的に宣伝しているキャロウエイGBBエピックドライバーを試打。

昨年、PGA選手の間で大ブレイクしたテーラーメイドMシリーズが如く、今年はローリー・マキロイをはじめとした数多くの有名選手がエピックドライバーを採用。先週、アーノルドパーマー招待で優勝したマーク・リーシュマンも、優勝直後のTVインタビューで、最大の勝因として、このドライバーを挙げるほど。

当然、最近気になるドライバーの1つ。二本柱のジェイルブレイク(脱獄)テクノロジーは、アマチュアゴルファーにも恩恵があるのか、代表的な北米シャフト3本で試打。


スペック:
キャロウエイGBBエピックドライバー 10.5度
北米製にはエピックスターはなく、エピックドライバー、エピックサブゼロドライバーの2種。
日本と異なり、どちらのモデルも可変ホーゼル付き。
Callaway GBB Epic ドライバー 
シャフトは3種類
Fujikura Pro - 60S
Fujikura_Pro_60S_2  

Mitsubishi Kurokage HBP - 60S
Mitsubishi_Kurokage_HBP_60S_2.jpg 

Mitsubishi Diamana Blue - 62S
Mitsuibishi_Diamana_Blue_62S_2.jpg 
ホーゼル部セッティングは、S=標準ロフト、N=標準ライ角

ボール
いつも使用している、スリクソン Z-Star XV 2016年モデル。
Srixson_ZStar_2016.jpg  


データ:
GBB_Test_Table_2.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)


データ補足:
ーKurokage, Diamanaは、最初に打ったFujikuraに比べて手強く感じたため、無理にドロー回転を意識。結果として⑧サイドスピン大。
ーデータ上、Fujikuraが最も左右ブレが少ないが、実際は右にも左にも最も散らばった。結果的に、⑬横ブレは平均値ゼロです。
ー最長キャリーはDiamanaの237ヤード、最長トータル飛距離もDiamanaの256ヤード。


テスト時の感覚:
ーヘッド打感はやや固めだが、右に飛び出す雰囲気はなく、コントロールしやすい。予想よりも捕まりやすい。
ーシャフト別ではFujikuraは良くしなり捕まるイメージ。しかし、左に行く怖さも併せ持つ。Kurokageは他の2つよりも硬い打感。知っている中では、グラファイトデザインのTour BBに近い。 Diamanaは重量感があるが、最もバランス良く振りやすい。
ーもっと、ブッ飛ぶかと期待していたが、腕がついていってない・・・。


今週のコンペに持っていくなら:
Fujikuraの捕まりや、Diamanaの飛びは魅力。しかしコースでの使用なら、硬い打感は我慢して、安定性と飛距離のバランスが良いKurokage。


テスト後記:
最初のレポートのため、比較対象がなく、数値がわかりにくいので、更に補足。飛距離は現在使用中の2016年のテーラーメイドM2とほぼ同様だが、こっちの方が捕まりやすい。2年前のキャロウエイ Big Bertha Alpha 816 Double Black Diamond ドライバー(恐らく史上最長の名称!)のイメージがあまり良くなかったので、今回でGBBエピックで、イメージV字回復。ジェイルブレイクっていうのは、ここ数年のキャロウエイドライバーのネガティブイメージからの脱出っていう意味かも。


気になったら価格チェック:



スポンサーリンク


スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「総合」ランキング


予約しなくちゃ

スポンサーリンク 気になるオススメ

楽天からのオススメ商品

最新記事

タイトリスト 718 アイアン CB vs MB。様々な略語に悩みながらも、ゴルフ界No.1の男前クラブが、2年間でどう進化したのか、試打して、レビュー。 Nov 19, 2017
バイス (Vice) ボール。巷で噂のバイスボール全5種を一気にテスト。コースにも持ち込んで、時期エースボールを決めた、試打して、レビュー。 Nov 12, 2017
キャロウェイ エイペックス MB アイアン vs X-フォージド アイアン。2018年モデル対決で、5回ビビって、2回再確認した、試打して、レビュー。 Nov 04, 2017
クリーブランド ランチャー HD ドライバー。スライサー向けドライバーのイメージ一変したぞ、試打して、レビュー。 Oct 29, 2017
ボルビック ビビッド ボール。見た目はサイコー、中身はどーだ?エースボールへの昇進テストを兼ねて、試打してレビュー。 Oct 21, 2017

サイト内検索

カスタム検索

全記事表示リンク

スポンサーリンク

気になるゴルフの話題はFacebookで

スポンサーリンク アマゾンもチェック!





プロフィールと、このブログについて

USテス太

Author:USテス太
月イチプレイのアマチュアゴルファー
右利き 平均スコア90前後

データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品
日本ではレビューされにくい非正規品や、最新ゴルフ用品を試打してレビュー。
感想や紹介よりも、データや数値を中心に、北米からからレポートします。

RSSとFacebookリンク

 follow us in feedly 

QRコード

QR

スポンサーリンク





スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「ゴルフ」ランキング