ピン G400 ドライバー。へへへ、もう打っちゃったぞー、スタンダード vs SF TEC、緊急に試打してレビュー。│データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品

ピン G400 ドライバー。へへへ、もう打っちゃったぞー、スタンダード vs SF TEC、緊急に試打してレビュー。

8月18日・・・ぜんぜん違うデータを挿入していたのに気づきました。ゴメンちゃい。
ちゃんと、G400ドライバーのスタンダードとSF TECに差し替えました。

 G400_Drivers.jpg


試打クラブについて
6月に開催された全米オープン、松山が2位に食い込んだのには、もちろん大感激。そしてゴルフギア大将として大注目したのは、何と言ってもピンの新しいドライバー G400の目撃情報。メーカー側の注目度の高いメージャーイベントに新製品を持ち込んで話題を作る、という戦略に、情けないくらいカチッとハマってしまった。


ピンG400の正式発表が、北米時間で7月10日、日本時間では7月11日解禁だったようで、あっちこっちで写真や記事が掲載されはじめた。しかし本日(日本時間7月13日)現在、実際の試打レビューがあるのは英語サイトだけで、日本の試打記事はない。きっと発売時期に応じた箝口令みたいなルールがあるだろーなぁ。日本での発売日が9月7日、こっち(カナダから発信中)の発売日が、7月27日だから、一般ゴルファーが試打できるのは、まだ先だな―っと思っていたところに、いつものゴルフショップからヒミツの入荷情報キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


「G400ドライバーとフェアウェイウッド最初のロット到着。店頭にはまだ並べられないけど、試打しに来る?」、Yes,Yes,Yes,ワンワンワン!思いの外、早く体験できる!この日のために、前作Gドライバーとも比較できるように、ちゃんと試打しといたんですぅ(記事はこちら)・・・という訳で、緊急試打&慌ててデータ発表!


スペック: 
クラブ:ピン G400ドライバー スタンダード
10.5度
G400_Driver_STD.jpg 


クラブ:ピン G400ドライバー SF TEC
10度 & 12度
G400_Driver_SFT.jpg 

残念ながら、本日はLS TEC未入荷。


シャフト:プロジェクトX ハザーダス
イエロー 63 6.0
Hyrdus_Yellow.jpg 
 


ボール
まだ使用中。いつものスリクソン Z-Star XV 2016年モデル
Srixson_ZStar_2016.jpg  


とっても新製品なので、スペックも紹介。
前作のGドライバー同様に、スタンダード、つかまりの良いSF TEC、低スピンのLS TECの3種類。見た目の違いはタングステンウエイトの位置。ピンi20ドライバーにもTungstenって書いてあったなー。
G400_Drivers_02.jpg 

G400_Tungsten_Location2.jpg 
左からスタンダード、SF TEC、LS TEC(今回はLS TECなし)


日本のピンによると”安定した高MOIヘッド"、”空気抵抗を抑えたヘッド”、”新素材フェース”の「3つのチカラで飛ばせ!」というプロモーション。北米サイトでは、もう少し細かく別けて、以下の6項目を挙げている。

1) 特許取得の熱処理を施したT9S+6%薄く、9%軽くなったフェースで、さらに16%フレキシブルに。
G400_Faster_Forged.jpg

2) 後方に配置してMOIを高めるタングステンウエイト
G400_Tungsten_Weight.jpg

3) 新空力デザイン。タービュレーターとボルテックテクノロジーでダウンスイング時の空気抵抗を40%抑え、ヘッドスピードが15%アップ。
G400_Faster_Shape.jpg

4) リサーチとコンピューターシミュレーションで開発した、深みある、抑えた打球音。 
G400_Stisfying_Sound.jpg

5) ドラゴンフライ(トンボ)テクノロジーでクラウンを薄くし、CG位置を最適化し、MOIを高め、許容性と正確性を最大限にした。
G400_Dragonfly_Tech.jpg

6) 引き締まった新デザインで速いヘッドスピード促進し、スイング時の集中力アップにも貢献。
G400_Inspired_Look.jpg

・・・って、スペック自体にあんまり新鮮味はないかな。でもマットブラックの引き締まったクラウンと、445ccと小ぶりになったヘッドは、確かにカックイイ。



データ:
Data2_G400_Driver.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値)



データ補足:
ー飛距離では、前作Gドライバーとほぼ同様か、やや劣る。(記事はこちら)。
ーしかしながら、ミスへの許容性と、常に同じ所に打てる正確性(特に左右)は、前作を遥かに凌ぐ。
ー前作GドライバーSF TEC以上に、G400 SF TECは設計意図通りによくつかまる。かなり開いたり、右プッシュしても、なかなか右には行かない。
ー最長キャリーは、スタンダードの246ヤード。最長トータル飛距離もスタンダードで、269ヤード。



テスト時の感覚:
ー前作Gドライバーは球が上がりにくいイメージだった。それよりも良いが、SF TECは球が上がりにくいために、追加で12度も試打した。
ー打感は、前作のGドライバーよりも柔らかいという前評判だったが、G400ドライバーの方が若干硬い。
ースタンダードの打球は、前作よりも上がりやすく、また前作同様に直進的。



今週のコンペに持っていくなら:
残念ながら今回入荷分には、一番打ちたかったLS TECはなかったが、G400ドライバーの許容性と正確性は、他社ドライバーと比較しても群を抜く。特に左右にブレにくい正確性には驚愕。しかもそれぞれの特徴通り、G400スタンダードはいつも真っ直ぐに、G400 SF TECはいつもつかまる。前作Gドライバーも直進性が強く、マニュアルで球筋を操作したい上級者には、物足りないようだったが、G400は前作以上に、オートマチック。
飛距離では前作と差異を感じないが、前作のエイリアンのような大型面長ヘッドから、445ccと八頭身美人的に引き締まったヘッドになったにも関わらず、許容性と正確性性を高め、飛距離も犠牲にしないというのは、かなりスッゲー。
イキナリだけど、思い出したのは薄いブリキ板などを切るための、金切りバサミ。直進用、右曲がり用、左曲がり用と、ハッキリと役割が決まっている。いっそ、G400スタンダード、SF TEC、LS TECと3本全てのドライバーをバッグに入れて、ホールごとに使い分けるか?



試打後記:
前作Gドライバーは、引続き旧モデル特売セール実施中で、通常シャフトもツアーシャフトも約C$400。前回記事を書いた6月20日時点よりも、ツアーシャフトではさらに、C$100近く安くなってる。対して新G400ドライバーは通常シャフトが約C$600で、ツアーシャフトが約C$650。その差額約C$250。う~ん、このG400、顔もいいし、好みの小ぶりだし、音もいいし、正確だし、かなり欲しい・・・。



気になったら 価格チェック:
G400ドライバーは、まだ日本では買えません。代わりと言っては何ですが、前出の金切りバサミでもいかがでしょうか?

タスコ TASCO 金切りバサミ(右カーブ/緑) TA747PR-2

価格:1,807円
(2017/7/13 17:11時点)
感想(0件)

この電動工具を持ったキャラは何だ・・・と思ったら、名前:サヤカ、性別:♀、血液型:A型、誕生日2月6日、出身地:大阪府、趣味:工具屋めぐり、特技:DIY・・・だそうです。
 
PS
早くG400LS TECも打ちたいなー。でも、もうフェアウェイウッドも打っちゃったー。早々に記事にしまーす。



スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「総合」ランキング


ゴルフ雑誌、読みまくってます

スポンサーリンク 気になるオススメ

やっぱり楽天からのオススメ商品

最新記事

ミズノ ST180 ドライバー。ドライバーの向こう側に、荒城の夜半の月が見えた・・・気がする、試打してレビュー。 Mar 28, 2018
テーラーメイド M3 ドライバー。M4、M3 460cc、M3 440ccのドライバーを一気に打ち比べたら、ウチナンチューの兄弟が見えた・・・試打してレビュー。 Mar 04, 2018
テーラーメイド RBZ 2.0 ブラックドライバー。ビラをまいてるのを見かけてしまった、かつての灼けたアイドルは、今どーなっているのか、試打して、レビュー。 Feb 24, 2018
キャロウェイ ローグ vs テーラーメイド M4 vs 2016 M2 ドライバー。同じシャフトでガチンコ勝負!オマケにM4 3W vs 3W HLも、試打してレビュー Feb 16, 2018
テーラーメイド M4 ドライバー。ローグドライバー vs M4ドライバー比較で、ゴルファー家計の予算計画は、どーなるのか・・・試打してレビュー Feb 03, 2018

サイト内検索

カスタム検索

全記事表示リンク

スポンサーリンク

気になるゴルフの話題はFacebookで

スポンサーリンク アマゾンもチェック!





プロフィールと、このブログについて

USテス太

Author:USテス太
月イチプレイのアマチュアゴルファー
右利き 平均スコア90前後

データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品
日本ではレビューされにくい非正規品や、最新ゴルフ用品を試打してレビュー。
感想や紹介よりも、データや数値を中心に、北米からからレポートします。

RSSとFacebookリンク

 follow us in feedly 

QRコード

QR

スポンサーリンク




週末、ゆっくり、お家で。最高じゃん!

スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「ゴルフ」ランキング