ユピテル スイングトレーナー (14000円) vs ゴルフシュミレーター(700万円)ついでにミズノJPX900ドライバーも、試打してレビュー │データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品

ユピテル スイングトレーナー (14000円) vs ゴルフシュミレーター(700万円)ついでにミズノJPX900ドライバーも、試打してレビュー 

試打用品について:
PGAツアーを転戦するプロゴルファーは、毎週変わるゴルフ場の温度、湿度、標高などによるコンディションの変化を常に頭に入れながら、更にその週の自分の調子、改善点、取組んでいるテーマなども踏まえて、現在のボール挙動を的確に把握して、トーナメントに望んでいる。
これまで、その「把握」は、コーチ、キャディー、トレーナーなどの多くのスタッフによる経験値の蓄積と、総合的な判断によって支えられてきた。
しかし、ボールの挙動をデータと数値で一瞬にして明確にしてしまう「トラックマン」の登場で、サポートスタッフの役割は一変。「トラックマン」を正として、練習、テーマ、戦略を組み立てるようになった。

ジョーダン・スピースもトラックマン
Jordan_Trackman.jpg 

ジェイソン・デイもトラックマン
JD_Trackman.jpg 


500万円以上のトラックマン、ドイツ車よりも安いし、いっぱつ買っちゃおうか~とはいかない。確かにあのオレンジのTrackmanは、カッコイイけど、技術不足のアマチュアゴルファーには、練習場で使う勇気も予算もなし。
そこで登場するのが、安いモデルは一万円以下で購入できるユピテルスイングトレーナー。北米にも同じような製品はあるが、ここまでコンパクトで安い製品はナシ。さすがじゃぱにーず。僕も日本から買って使ってます。

ちなみにこっちの北米Amazonで買えるスイングモニター
ユピテルと同じような表示ができる製品。
約2万円~
Sureshot.jpg 


ユピテルと同価格帯の製品。
スイングモニターというよりも、赤ちゃんの泣き声を検知するベビーモニターにしか見えない・・・
Swingspeed.jpg 


で、当然気になるのは、ユピテルスイングトレーナーのデータ信頼性。購入した人は「実際の飛距離と同じくらい」という評価が多いが、ここはやはり、データ対データで検証しなければ、納得できない!




スペック:
ユピテルスイングトレーナー GST-6W

高さを調整できるブラケット付き
Yupiteru.jpg Yupiteru_Bracket.jpg

「マイクロ波センサー採用、ドップラー効果と多くの実績データにより、高精度を実現」だそうな。
出力データは、ヘッドスピード、ボールスピード、キャリー、ミート率。


こちらがいつも使っているシュミレーター。
Forsight社製ゴルフシュミレーター。2013年頃のモデルGC2。
Simulator Sensor Centered

本機はかなりの人気機種で、あっちこっちのウエッブサイトで使用、紹介実績あり。
ステレオスコープカメラで連続撮影し、ゴルフボールの挙動を測定。クラブの動きは測定していないので、ヘッドスピードデータは、ボールスピードからの計算値。
コブラ、クリーブランド、アダムス、フジクラで採用。またテーラーメイド、ピンのR&D施設にも設置されている実績あり。使用シュミレーターはセットで、恐らく定価700万円程度。本間ゴルフも使ってます。 本間ゴルフ打球解析
 

出力データは次の通り。ヘッドスピード、ボールスピード、ミート率、打ち出し角度、打ち出し方向(右利きで、+の数値がセンターより右、-の数値がセンターより左)、サイドスピン、バックスピン、トータルスピン、最高到達点、落下角度、キャリー、トータル飛距離、左右ブレ(+の数値がセンターより右、-の数値がセンターよりも左)。


今回の試打に使用するクラブは、ミズノJPX-900ドライバー 10.5度。
一発の飛びはないが、サイドスピンが少なく、アベレージアマの僕には使いやすい。
ユピテルスイングトレーナーは、スピンデータは計測されないので、今回のようなテストには最適と判断。

Mizuno_JPX900.jpg 


シャフトは、フジクラスピーダー569 エボリューションII Sフレックス
Fujikura569_EvoII.jpg 

ボールは、いつものスリクソン Z-Star XV 2016年モデル
Srixson_ZStar_2016.jpg 



データ:
Data_Yupiteru.jpg 
(明らかなミスヒットを除く、5球平均値。)



データ補足:
ーどちらの製品もミート率が肝。前述の通り、GC2シュミレーターは、ボールスピードを計測し、ヘッドスピードは、計算値。で、この計算に使用するミート率をクラブ毎に指定できるようになっている。いきなり感覚的な数値で計算されていることになるが、僕がドライバーで使用する数値は1.45。
ーこの1.45の根拠は、実はユピテルの実績を元にしている。ユピテルスイングトレーナーは、ボールスピードとヘッドスピードを計測し、ミート率を計算している。ちなみに今回の5球のユピテルによる平均ミート率は、1.454。
ーGC2シュミレーターは、ステレオスコープカメラでボール軌道やスピンも計測するため、フェイス向き、スイング方向によって、計算される飛距離や方向(ドロー、スライス等)も異なる。ユピテルはこの機能がないために、ミート率が悪いのは、たぶん真ん中に当たってないからじゃないかなー、というゆる~い推定をしているのが、オリジナルのデータ管理ソフトの機能に見て取れる。

これ、ユピテルオリジナル、データ管理ソフトによるイメージ。
こんな感じのイメージかな~、程度。決して赤い点が実際のフェイス打点を表しているわけではない・・・。(データ管理ソフトに、このイメージ表示機能、必要かしら?)
Yupiteru_image.jpg 



テスト時の感覚:
シュミレーターでの飛距離は、コースでの飛距離よりも若干大きな数値となる傾向あり。これはシュミレーターでは、池やOB、スコアを全く気にすることなく、固くならずに、気持ちよ~く振り抜けるためと思料。



シュミレーター、ユピテルの信頼性は?:
データの通り、両機種の数値はほぼ同様で、若干ユピテルの飛距離が短くなるという結果。これはシュミレーター試打時に、ユピテルを使ってチェックしている僕の経験感覚と同様。平均でみると、ヘッドスピードもボールスピードもユピテルの方が速いのに、飛距離はユピテルが短いという結果になってしまうが、個々のデータでは、ボールスピードが速いほど、飛距離が大きくなるので、問題なしでしょう。



試打後記:
練習場でも参考になるので、ユピテルは買って良かった。でも黒くてちょっと地味。もっとカラーバリエーションあれば良いと思うのは僕だけかな?
それにしても、オレンジ、目立ってカッコイイんだよな。今でもこのオレンジは欲しい! ゴルフとは無関係だけど。
Orange_Amp.jpg 



気になったら価格チェック:
リーズナブルだし、持ち運びに便利だし、やっぱり数値があるとわかりやすいし。

GST-5-GL YUPITERU ユピテル アトラス ゴルフスイングトレーナー GST-5 GL

  楽天市場でのお買物がいつでもポイント2倍! 



スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「総合」ランキング

スポンサーリンク 気になるオススメ

楽天からのオススメ商品

最新記事

テーラーメイド P790 フォージドアイアン。タイトリストAP1とアイアン4兄弟、末弟ディスタンス系対決で、試打してレビュー。 Sep 09, 2017
ミズノ MP-18 アイアン 4機種。注目のカスタム専用モデル ミズノプロ とビミョーな関係だから、試打してレビュー。 Aug 29, 2017
ピン G400 LST ドライバー。つい入荷したG400LSTドライバーに超感動、しかも標準玉虫色シャフトの本質がわかったぞ、試打してレビュー。 Aug 19, 2017
キャロウェイ グレードビッグバーサ ドライバー 2016年モデル。使っているのは松山だけじゃないぞ、全米プロゴルフ選手権で活躍した・・・も使用中だから、試打してレビュー。 Aug 14, 2017
タイトリスト 816H1 ハイブリッド。カッチョイイクラブなら、カッチョイイスコアになるのか、試打してレビュー。 Aug 08, 2017

サイト内検索

カスタム検索

全記事表示リンク

スポンサーリンク

気になるゴルフの話題はFacebookで

スポンサーリンク アマゾンもチェック!


プロフィールと、このブログについて

USテス太

Author:USテス太
月イチプレイのアマチュアゴルファー
右利き 平均スコア90前後

データで見る、US仕様の最新ゴルフ用品
日本ではレビューされにくい非正規品や、最新ゴルフ用品を試打してレビュー。
感想や紹介よりも、データや数値を中心に、北米からからレポートします。

RSSとFacebookリンク

 follow us in feedly 

QRコード

QR

スポンサーリンク

スポンサーリンク 気になる楽天売れ筋

「ゴルフ」ランキング